邦楽村blog!

津軽三味線奏者山中信人さんインタビュー!津軽三味線世界大会A級3連覇達成、殿堂入り!【邦楽村インタビューvol.9】

邦楽村インタビュー第9弾は、
今年の5月に青森県弘前市で開催された
津軽三味線世界大会 男性最上級A級3連覇を見事達成された
山中信人さんです!

大会を勝ち抜くために積み重ねてきたことや
ご自身の目標としていること、
津軽三味線をはじめたきっかけなどをお伺いしました!

津軽三味線奏者 山中信人

中学校卒業後15歳で単身青森県弘前市に渡り、
津軽三味線奏者「山田千里(やまだちさと)」の内弟子として民謡酒場に住み込み4年間修業。
津軽三味線山田千里流師範となる。
毎年青森県弘前市でおこなわれる津軽三味線世界大会では最上級A級3連覇を達成し殿堂入り
また津軽民謡の伝統的な唄付けの技術を競い合う「唄付け伴奏部門」で3回の優勝を獲得。
海外計25カ国で演奏。約16年にわたり「南中ソーラン」など現代風にアレンジした民謡を演奏する
伊藤多喜雄&タキオバンドのメンバーとして活動。
世界を意識した活動を行う埼玉県にゆかりのある個人や団体に贈られる
「平成29年度埼玉グローバル賞」を受賞。
現在はソロ奏者として演奏会、学校公演、講演会などで活動中。
洗足学園音楽大学非常勤講師。加須市観光大使。埼玉親善大使。

津軽三味線世界大会優勝時の演奏動画

3連覇時のすべての演奏がYoutubeにアップされておりますのでご紹介致します!

2018年 第37回津軽三味線世界大会男性A級優勝

2017年 第36回津軽三味線世界大会男性A級優勝

2016年 第35回津軽三味線世界大会 男性A級優勝

研ぎ澄まされた、素晴らしい演奏ですね!
一音にかける気迫が伝わってきます…!
それでは、ここからはインタビューです!

津軽三味線の世界に入ったきっかけ

ー 本日はどうぞよろしくお願いします。
まずは津軽三味線をはじめたきっかけを教えて下さい。

よろしくお願いします。
津軽三味線をはじめたきっかけは…
父親が左官職人で、その姿を見て
「手に職を付ければ腕一本で生きていける」
と考えたんですね。
父親と同じ職業では面白くないなと思い、
大工板前、あとはトラックが大好きだったから
トラックの運転手と、この3つのどれかになろうとしました。

ー いきなり津軽三味線というわけではなかったんですね。

そうですね。
同じ頃に母親が津軽三味線を習い始めて、
母親の先生の三味線の音を聴いた時にビビっと電撃が走りました。
その時、「手に職を付けるのなら津軽三味線にしよう」と思ったんです。
これがはじめたきっかけですね。


若くして自分の進む道を決意

津軽三味線世界大会への想い

ー ありがとうございます。
さて今年の5月の津軽三味線世界大会で、見事最上級A級3連覇を果たしました。
津軽三味線世界大会はご自身にとってどのようなものでしょうか。

簡単に言ってしまえば、「青春時代の忘れ物」ですね。
20歳の時にA級5位を取って以来出場していなかったんですけど、それが長く心残りだったんです。
毎年5月になると色々と考えモヤモヤとしていました。
こんな気持ちならもう一度チャレンジしようと思ったのが復帰のきっかけであり、
「青春時代の忘れ物」を取りに行ったというのが私の中での津軽三味線世界大会ですね。

大会連覇の秘訣は、神経を研ぎ澄ました練習の積み重ね

ー 津軽三味線世界大会で3連覇するのは並大抵の努力では成し得ないと思います。
今までご自身でどのようなことを積み重ねてきましたか。

弘前の大会に臨むにあたって毎年思っていたのが、
「練習するだけなら簡単なこと」ということですね。
大会で結果を残すためには、技術的にも時間的にも徹底的に神経質に演奏する必要があります。
具体的に言うと1月頃にA級なら4分弱の曲弾きのベースを決めて、その曲弾きを細心の注意で演奏します。
その演奏の録音を最低でも200回は行い、聴き返します。
今年は250回くらいだったかと思います。
1月からならもっと出来るんじゃない?と思うかもしれないですが、
神経を研ぎ澄ましてノーミスで弾き切るのはかなりの負担なんです。

ー 雑な練習ならいくらでも出来るけど…

そういう練習なら2時間でも3時間でも余裕で出来ますけど、
この大会用の練習だと5〜6回もやればクタクタになりますね。

ー この徹底した練習を経て、大会を勝ち抜くことができたのですね。

そうですね。
これだけ繰り返すと、だんだんと気付かなかった演奏の粗が見えてきます。
最近よく思うのが、「百発百中というのは大したことではないな」ということ。
自分の潜在的な苦手箇所は100回程度の練習では分からないですし、
150回目、200回目で見えてくるものがあります。
そしてそうした潜在的な苦手・失敗は本番で出てくる可能性が非常に高いんです。

ー 大会3連覇のかかった舞台、やはりプレッシャーも相当なものだったのではないでしょうか。

練習を積み重ね、自分の三味線を突き詰めていく中で思ったのが、
「普通に弾くというのは簡単じゃない」ということですね。
それは3連覇がかかっているというのは関係なくです。
あの一発勝負の舞台で演奏するのは本当にプレッシャーのかかることですし、
その中で自分が稽古してきたこと・反省してきたことを全て出すためには、
やはり徹底的に神経を使った練習を何百回も積み重ねるしかないです。

ー そこまで自分に厳しくできる人はなかなかいないのではないかと思います。

「大会に勝つ」という気持ちだけだったら、ここまではできなかったと思います。
ここまでくると周りとの勝ち負けではなく自分との勝負
今まで積み重ねてきた三味線人生の通過点として、自分は今どの位置にいるのか。
とにかく今の自分の全てを出すことだけを考え挑みました。

3連覇を成し遂げた時に手にしたもの

ー その挑戦をする中で、結果的に3連覇がついてきていたということですね。

特に今回は、演奏が終わった時の拍手と歓声が
今まで経験したことがないくらいすごいものでした。
あれだけの声援を頂けたらもう結果はどうでもいい、
今ここで死んでもいいと思えるくらい、衝撃的なものでした。
演奏が終わったあの瞬間は、
自分の三味線人生の中での大きな宝になりましたね。

「過去の自分に負けたくない。」

ー ありがとうございます。
さて、津軽三味線世界大会3連覇後の目標はどのようなものでしょうか。

自分の中での目標は常に
「過去の自分に負けたくない。」というものです。
世界大会の3連覇も自分の中では目標ではなく、ひとつの通過点として捉えています。
昨日の演奏より今日の演奏、今日の演奏より明日の演奏…
より向上していける人生を歩む。それが自分にとっての目標であり、励みとなっています。

ー 今年中に何をやりたいとか、何年か後にあのステージに立ってみたいなどは…

そういったはものは全くないですね。
「1秒後の自分自身が成長していること」
これが自分の三味線人生の中で一番重要な目標であり課題ですね。

過去の自分に負けたくない

ー 自分の中で「上達したな」と感じる時はどんな時ですか?

…あんまり無いですね。
本当に日々の小さな積み重ねしかないと思っています。
今思えば自分自身運が良いなと思うことは、
良くも悪くも人生が一変するような出来事がなかったことです。
小さい坂道を一歩一歩登り詰めている感覚ですね。
それは三味線の技術だけでなく、経済状況や精神的な成長、
家族との絆など様々なことに言えます。

誠実に、謙虚に

ー 今後津軽三味線を仕事にしたいと考える若手奏者に何か一言お願い致します。

自分から言えることは、やはり誠実に謙虚にいくということですね。
誠実に謙虚に一歩一歩歩んできていればいきなりどん底に落ちることもないですし、
人の悪口はなるべく言わず、人の尊敬できる面は見習い、
自分自身も尊敬されるような人間になれるよう努力する。
そういった誠実で謙虚な積み重ねこそが自分の人生を支えてくれると思います。

ー ありがとうございます。
最後に山中信人さんにとって津軽三味線とは。

「人生であり、命であり、青春である。」
自分が今まで生きてきた分岐点が全て詰まっているのが津軽三味線です。
この三本の弦の中に自分の血が通っている気持ちでいつも弾いていますし、
これからも同じ気持ちで弾き続けます。

ー ありがとうございました。
津軽三味線奏者の山中信人さんでした。

 

…津軽三味線世界大会3連覇、本当におめでとうございました!
山中信人さんは僕の津軽三味線の師匠でもあり、
今回のインタビューは個人的にも非常にためになる話ばかりでした!

さて、そんな山中信人さんの近日開催される演奏会をお知らせします!
津軽三味線世界大会を3連覇した津軽三味線の音を、
皆さまぜひぜひ聴きにいらして下さい!

【演奏会情報】

花久の里 第12回山中信人津軽三味線演奏会
日時:2018年7月1日(日) 開場:13時30分 開演:14時
場所:花と音楽の館かわさと 花久の里
アクセス:JR高崎線鴻巣駅より フラワーバス花久の里下車(約25分) タクシー(約15分)
料金:一般当日2300円  前売り2000円
お問い合わせ:048-569-3811(花久の里事務局

埼玉県所沢市東福寺 山中信人独演会 第3回津軽三味線演奏会
日時:2018年6月23日(土) 開場:14時 開演:14時30分
場所:東福寺
アクセス:JR武蔵野線「東所沢駅」より徒歩15分
料金:3000円
出演ゲスト:響道宴(和太鼓)
お問い合わせ:090-5429-1230(内田産業株式会社)

【Webリンク】

津軽三味線 山中信人公式HP
nobu三味線屋さん(山中信人amebaブログ)
山中信人Twitter

— 邦楽村インタビュー一覧 —

【邦楽村インタビューvol.1】日本の粋と風流を歌うシンガーソングライター”なつみゆず”(2017年10月23日)
【邦楽村インタビューvol.2】尺八オンリーにこだわった和楽器集団”尺八アンサンブル十哲”インタビュー(2017年11月5日)
【邦楽村インタビューvol.3】世界規模の三味線コミュニティ!Bachido代表 Kyle Abbott(カイル)(2017年11月23日)
【邦楽村インタビューvol.4】新進気鋭の津軽三味線DUO”桃響futari”インタビュー!前編(2018年1月10日)
【邦楽村インタビューvol.5】「楽しい」を伝えたい!津軽三味線DUO”桃響futari”インタビュー!後編(2018年2月1日)
【邦楽村インタビューvol.6】和太鼓&アコギ!?熱き男達による和楽器系バンド”龍の牙”インタビュー!(2018年1月21日)
【邦楽村インタビューvol.7】和楽器ユニットJamsラストライブ間近!Jamsに色々聞いてみた!(2018年3月1日)
【邦楽村インタビューvol.8】太鼓芸能集団”鼓童”代表の船橋裕一郎さんインタビュー!鼓童特別公演2018「道」にかける想い(2018年3月21日)
【邦楽村インタビューvol.9】津軽三味線奏者山中信人さんインタビュー!津軽三味線世界大会A級3連覇達成、殿堂入り!(2018年6月7日)
【邦楽村インタビューvol.10】太鼓芸能集団”鼓童”の住吉佑太さん、山脇千栄さんに聞く「初音ミク×鼓童スペシャルライブ2018」の感想!!(2018年7月2日)

邦楽村からのお知らせ



神奈川和楽器もくもく会(in全国邦楽合奏フェスティバル)
日時:2018年9月2日(日) 11:00 ~ 17:00
場所:洗足学園音楽大学(東急線溝の口駅徒歩8分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!


第3回千葉和楽器もくもく会
日時:2018年9月22日(土) 15:00 ~ 19:00
場所:蘇我コミュニティーセンター2階和室(京葉線蘇我駅駅徒歩5分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top