邦楽村blog!

尺八で聴くJAZZの名曲「Take Five」

先日、和楽器アレンジされたボサノヴァ曲のマシュ・ケ・ナダの記事を書きました。
その際に初代山本邦山氏が演奏されたTake Fiveもカッコ良いですよね、というお話がありましたので本日は山本邦山氏が演奏したTake Fiveの紹介をいたします。

Take Fiveとは?

Take Fiveはアメリカの作曲家、ポール・デスモンドが作曲した曲です。
5/4拍子という珍しいリズムを採用した一曲で、これまで数多くのミュージシャンやメディアがカバーしている名曲です。

 

Take Five(原曲)

 

まずは原曲のTake Fiveをお聴きください。
低いトーンでダンディな雰囲気ですね。5/4拍子というあまり聴きなれないテンポではありますが、聴いていると歩き出したくなる心地よさです。

 

オリジナルのビデオもあります。
かなり速いテンポで軽やかに演奏しています。ダンスしたくなるような軽やかさです。
この渋さや軽やかさが印象的なこの曲が尺八でどのように演奏されるのでしょうか。

Take Five 尺八バージョン

 

お次は尺八バージョンのTake Fiveです。
原曲と比べ音が高めなのが印象的ですね。そして、尺八の音の響きや膨らみが原曲とは違った哀愁漂うような雰囲気を連想させます。

そして何よりこんなに細かい動きをしているのに、指の運びに淀みがなく、一音一音が美しく引き立っています。
また、尺八の響きもとても美しいです。押さえられているようなビリビリ感ではなく、形を持って広がるような印象を受けました。

本当に美しい音と表現ですね。
元の曲の良さも立てつつ、独自の世界をしっかりと纏っています。

どれだけの時間を費やしたらこんなにも素晴らしい演奏ができるようになるのでしょうか。
私ももっともっと練習に励んで、お客さんに感動してもらえるような演奏ができるようになりたいです〜

— 現代邦楽記事一覧 —

池上眞吾 夏色のアダージョ/PURE BOY〜さよならの夏〜
石井由希子 海鳴り/いざない
江戸信吾 証城寺のスケルツォ
兼安洞童 鈴鹿
川崎絵都夫 花織
菊重精峰 竹紫絃明/吉祥文様
笹本武志 招春賦
中能島欣一 さらし幻想曲
野村正峰 春景八章
福田蘭童 笛吹童子のテーマ/利根の舟唄/月草の夢/ねずみ車
藤井凡大 二つの個性
水川寿也 トワイライト・セイリング/アクシス/無限流/残光の彼方へ/バンブー・ダンス
三塚幸彦 Longing/Love
宮田耕八朗 キビタキの森
山本真山 尺八協奏曲/雪間草
山本邦山 壱越/尺八二重奏曲第四番/竹の群像/對動/Take Five
吉崎克彦 哀歌/雪月花によせて/三色のダイアローグ/GRADATION 風の彩

邦楽村からのお知らせ

第24回和楽器もくもく会
日時:2018年6月23日(土) 17:30 ~ 21:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅 徒歩3分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!


第2回千葉和楽器もくもく会@蘇我駅
日時:2018年7月14日(土) 13:00 ~ 17:00
場所:蘇我コミュニティセンター2F和室(JR京葉線蘇我駅 徒歩5分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!


神奈川和楽器もくもく会(in全国邦楽合奏フェスティバル)
日時:2018年9月2日(日) 11:00 ~ 17:00
場所:洗足学園音楽大学(東急線溝の口駅徒歩8分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top