邦楽村blog!

尺八オンリーにこだわった和楽器集団”尺八アンサンブル十哲”インタビュー【邦楽村インタビューvol.2】

尺八オンリーにこだわった和楽器集団”尺八アンサンブル十哲”インタビュー【邦楽村インタビューvol.2】

邦楽村インタビュー第2回目は、
尺八アンサンブル十哲の皆さんです!

尺八アンサンブル十哲とは?

尺八アンサンブル十哲は、尺八オンリーでのアンサンブルの可能性を追求するグループとして1992年に結成されました。
年に1度の定期演奏会を中心に、小学校や地域のボランティアでの演奏活動を行なっています。
今年で結成25周年の十哲の皆さんへインタビューすべく、練習場所である葛飾区内・某所へ突撃しました!

十哲代表インタビュー

ー まずは十哲代表の中村友久さんにお話をお伺いしたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

十哲代表の中村です。よろしくお願い致します。

長管を吹く中村さん

ー まずは十哲を立ち上げたきっかけを教えて下さい。

十哲を立ち上げたきっかけは、私が学生三曲を卒業する頃にまで遡ります。
大学時代に一生懸命和楽器に打ち込んでいたのに、
多くの人が卒業すると共に色々な事情で和楽器を辞めてしまうので、それがもったいないなと思いました。
尺八は持ち運びも便利なため気軽に集まれるので継続できるのではないかと思い、千葉大学OBで十哲を創設しました。

ー 卒業と共に辞めてしまうのがもったいないこと、強く共感します。十哲では練習や発表など、どのような形で活動をしているのでしょうか?

月に1度集まって練習会を開くのが基本的な活動です。
今は活動場所として、葛飾区内の各練習場所を借りています。
その他には、3月に2泊3日の春合宿・7月後半に3泊4日の夏合宿を行なっています。
また8月には年に1度の定期演奏会をかつしかシンフォニーヒルズで開催しています。
4月頃に定期演奏会の曲を決めて、夏合宿前後から定期演奏会直前まではミッチリ練習しますが、
それ以外の期間は面白そうな曲を皆で持ち寄り、のんびりワイワイと合奏しています。

ー 合宿があったり定期演奏会があったりと、大学の和楽器サークルのようですね。

そうですね。
無理なく続けられるよう練習を月に1度にしている以外は、あまり変わらないと思います。
練習後の飲み会を楽しみにしている点も大学和楽器サークルと変わらない点かと思います・・・笑

ー 他の団体とは異なる、十哲の特徴はどんなところですか?

尺八のみのアンサンブルにこだわっている点です。
結成から今まで毎年必ず定期演奏会を開催してきましたが、
一度として尺八以外の楽器が出演したことはありません。
このような集団はかなり珍しいです。十哲以外にいないのではないでしょうか。

ー 今回は私も練習会に参加させて頂きました。初めて見る曲でも練習する間もなくガンガン合奏するので、ビックリしました。

各人が面白いと思った曲を持ってきて、とりあえず合奏してみようというスタイルです。
うまく出来なくても、それはそれで学びになります。
何より大切なのは合奏を楽しむ気持ちです。

十哲メンバーインタビュー

ここからは十哲メンバーの皆さんに聞いた十哲の良いところを掲載していきます!
ざっくりとした質問で答えづらかったと思いますが・・・笑
皆様快く答えて下さいました!
それではどうぞ!

・自分たちで研究して表現工夫していけるところ。名誉顧問として都山流の曽我哲山先生、委嘱曲作曲に山木幸三郎先生がいるが、指導する先生は基本的にはいない状態なので自分たちが納得いくまで突き詰められる。

・先生に習うのではなく、自分たちでアンサンブルを考え実践できるのが面白い。

・全員同じ楽器だから気楽なところ。違う楽器だと分かり合えない部分が通じ合えるのが楽しい。

・譜面を皆で持ち寄って、自由に楽しく合奏できるところ。

・流派のしがらみもなく自由にできるところ。

・練習後のお酒。

・尺八オンリーでアンサンブルを突き詰められるところ。

・気楽に続けられるところ。飲み会で色々仲間と話して、励みになっている。

・自由なところ。

・長管がたくさんある。これだけの和音に挑戦出来るところはない。

・飲み会が本番なのかと思える程、練習後の飲み会が楽しい。

・今は慣れたが、長管がこれだけあるのはすごい。普通は無い。

・好きな曲を自分の好きなように吹けるところ。

・大人数でのアンサンブル。大合奏がとても楽しい。

自分たちの考えで自由に尺八を突き詰められると答えた方がとても多かったです!
またインタビュー通り、練習会には長管がたくさんありました!これだけ集まるのは本当に珍しいことです・・・!
そして何より皆さん練習会後の呑み会を楽しみにしているご様子・・・笑

十哲飲み会に参加させて頂きました!

というわけで、今回は十哲さんの呑み会にもお邪魔させて頂きました〜!

尺八はもちろんのこと、プライベートの話も含めて色々な話をしました!
とにかく笑いの絶えない楽しい時間でした!
和楽器を通して仲間と過ごす時間は、素晴らしくかけがえのないものですね・・・!

さてさて、12月3日(日)に都山流準師範試験があるのですが、
十哲の黒瀬さんがこちらの試験を受けるとのことです!
しかも目指すは首席合格!

気合いバッチリ!頑張って下さい!(^o^)

尺八アンサンブル十哲メンバー絶賛募集中!

ー とても楽しい練習会と呑み会でした。最後に何か十哲から告知などございましたらお願いします。

尺八アンサンブル十哲では来年も定期演奏会を開催します。
2018年8月12日(日)14:30より、例年通りかつしかシンフォニーヒルズにて開催致します。
お時間ございましたらぜひお越し下さい。

また十哲は絶賛メンバー募集中です。一緒に尺八を楽しみましょう。
まずは練習会へ見学に来てみて下さい。
見学希望の方はこちらのメールアドレスまでご連絡ください。
jittetsu@gmail.com

Twitterとブログもやっていますので、良かったらフォローして下さい。
尺八アンサンブル十哲Twitter
尺八アンサンブル十哲ブログ 2代目

— 邦楽村インタビュー一覧 —

【邦楽村インタビューvol.1】日本の粋と風流を歌うシンガーソングライター”なつみゆず”(2017年10月23日)
【邦楽村インタビューvol.2】尺八オンリーにこだわった和楽器集団”尺八アンサンブル十哲”インタビュー(2017年11月5日)
【邦楽村インタビューvol.3】世界規模の三味線コミュニティ!Bachido代表 Kyle Abbott(カイル)(2017年11月23日)
【邦楽村インタビューvol.4】新進気鋭の津軽三味線DUO”桃響futari”インタビュー!前編(2018年1月10日)
【邦楽村インタビューvol.5】「楽しい」を伝えたい!津軽三味線DUO”桃響futari”インタビュー!後編(2018年2月1日)
【邦楽村インタビューvol.6】和太鼓&アコギ!?熱き男達による和楽器系バンド”龍の牙”インタビュー!(2018年1月21日)


--- 邦楽村からのお知らせ ---


千葉和楽器もくもく会
日時:2018年3月4日(日) 13:00 ~ 17:00
場所:誠之会館(JR東金線東金駅 徒歩1分)
参加費:500円
和楽器愛好家がゆるく交流するイベントの千葉県版です!
ワンコインで参加でき、事前に準備することは全くございませんのでお気軽にご参加下さい!
詳細確認・お申し込みは こちら から!


春の池袋和楽器もくもく会"箏と竹と琵琶と地歌三味線"
日時:2018年3月11日(日) 11:00 ~ 17:00
場所:池袋本町第二区民集会室 会議室2階(東武東上線北池袋駅 徒歩2分)
参加費:500円
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top