邦楽村blog!

和楽器シンセサイザー「邦楽専科」遊びも実用性も兼ね備えた素晴らしい一品でした。

先日開催された第23回和楽器もくもく会いに登場して話題になった楽器がこちら!!

そう、和楽器シンセサイザーです。その名を邦楽専科と言います。約20年くらい昔のものだそうですが、倉庫に眠っていたため完品でとても綺麗です。
 
本日はこの邦楽専科の魅力に迫ります。
 

邦楽専科って?

 邦楽専科は、和楽器音源に特化したシンセサイザー(キーボード?)です。マイクロソニック社というから発売されていました。同じ会社からシンセ箏 曙 SK-10というのがあるのですが、同一の商品なのでしょうか。関係性が気になります。もくもく会に登場したものは右上のラベルが邦楽専科になっていますが、ネットで調べるとシンセ箏というラベルが記載されています。

 ちなみに、邦楽専科を収納するケースはスピーカーになっていてとても便利!!

 

邦楽専科は何ができる?

 邦楽専科は全14種類の楽器、和楽器は11種類の音源を出すことができます。(三味線は3パターン)
 調子のレバーを変えれば笛の調子を変えたりということも可能です。また、調律も平均律と自然律があり細かな設定が可能となっています。
 
 
 演奏時はボタンをクリックするのですが、画像左下のスティックを併用する事で強弱をつけたり、尺八のメリカリや事の押しなども再現できちゃいます。掛け声の音声もビブラートっぽくできたりと…すごい!!
 

使用感

 ボタンのクリック感と音の出は非常にグッドでした。クリック感は軽やかで連打もしやすいです。スティックも上下左右ではなく360度グルグル回せるので、直感的な操作が可能です。打楽器は同じ音が横並び二つのボタンに割り振られているので、左右で連打などが可能です。

 

音について

 サンプリングされている和楽器の音は少しチープな感じがしました。箏や三味線など弦楽器の音は結構良さげです。笛系の楽器は少し機械的な音ではあります。ですが、音を重ねたり強弱をつけたりビブラートをかけたりすることでちゃんと和楽器の音に聞こえました。
 

伴奏機能もある

 邦楽専科には伴奏機能も搭載させています。デフォルトは4曲で、三曲の曙六段、お囃子、雅楽、能で使用される音楽(うろ覚えですが…)の曲が収録されています。本体の右上にICカード挿入口があり、ICカードを使うことで他の曲も伴奏可能になります。

 伴奏される曲はかなりしっかりしていて、聞き応えがありました。もくもく会の参加者の間では「これなら一人でも楽しめますね!!」と盛り上がりました。

 

邦楽専科は買えるのか!?

 邦楽専科、今現在買えるのでしょうか?こちらについても調べてみました。
 
ありました!!販売しているサイトはないものの、オークションではちょくちょく出ているようです。
2018年5月22日現在でヤフーオークションに2件出品されています。
※画像はもくもく会の日(2018年5月20日)のものです)
 
履歴を見ると、ちょくちょく出品されているようですね。今回の出品はケースなしなので、邦楽村は見送ろうかなと思いますが、気になる人は検討しても良いかもしれません。台数自体は少なく、古いものなので次があるのかと言われると難しそうです。
 
 

挑戦という言葉がふさわしい楽器。時代を超えても遊べる楽しさがありました。

 邦楽専科、当時はかなりの挑戦だったのではと思います。今よりも和楽器が盛り上がっていた時代ですから、本物を弾いてナンボという感じの中、デジタルに挑戦するのはすごいですね。最近でこそ、iPadなどでも和楽器音源が流せるシンセサイザーアプリもありますが、時代を先取りですね。

 アプリ同様、直感的に演奏ができるというのは結構重要だったりします。和楽器を取り入れたいけど導入コストを考えるとという場合も多くみられます。そんな時邦楽専科やアプリのように未経験者でも導入できるものがあると、もっともっと和楽器が取り入れられたものが増えていくのではと思います。

 邦楽専科、とても素晴らしい楽器でした。持ってきてくださった参加者の方、素晴らしい出会いをありがとうございました〜

 
 

邦楽村からのお知らせ


第28回和楽器もくもく会
日時:2018年12月23日(日) 13:00 ~ 17:00
場所:千駄木交流館(千駄木駅徒歩5分)
参加費:500円(当日現金払い)
※※※もくもく会後に和楽器好きの忘年会開催!※※※
詳細確認・お申し込みは こちら から!


第5回千葉和楽器もくもく会
日時:2019年1月26日(土) 15:00 ~ 19:00
場所:蘇我コミュニティセンター2F和室(JR京葉線蘇我駅 徒歩5分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top