邦楽村blog!

津軽民謡”十三の砂山”を紹介!三味線手付けはあの高橋竹山!

津軽民謡の中でも人気の高い十三の砂山をご紹介します!
とさのすなやまと読みます!

十三の砂山は青森県の民謡で、盆踊り唄です!
が、もともとは船乗りたちによって伝えられた酒田節が原曲となっているようです!

十三は、青森県五所川原市にある十三(じゅうさん)という名の地域を指します!

砂山は、かつて十三を津波が襲った後に残ったものだそうです・・・1340年頃の話です(参考HP)

津軽民謡の父成田雲竹が、東京都で開催された「郷土芸能大会」に参加する際に、津軽三味線名人の高橋竹山に三味線手付けをしてもらい、現在よく演奏されている形となりました!

バチバチと激しい津軽三味線の曲の中で、非常にしっとりとしたメロディーの曲です!
地唄出身の自分としては、どこかなつかしいような気持ちになります笑

というわけで、本日は津軽民謡十三の砂山の紹介でした!

— 津軽・民謡記事一覧 —

津軽じょんから節
津軽あいや節
津軽よされ節
津軽おはら節
津軽三下り
十三の砂山
ソーラン節
こきりこ節
東京音頭
炭鉱節
ホームラン音頭
長持唄
道南口説
花笠音頭
津軽タント節
津軽甚句
津軽山唄
秋田荷方節

邦楽村からのお知らせ

第2回千葉和楽器もくもく会@蘇我駅
日時:2018年7月14日(土) 13:00 ~ 17:00
場所:蘇我コミュニティセンター2F和室(JR京葉線蘇我駅 徒歩5分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!


神奈川和楽器もくもく会(in全国邦楽合奏フェスティバル)
日時:2018年9月2日(日) 11:00 ~ 17:00
場所:洗足学園音楽大学(東急線溝の口駅徒歩8分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top