邦楽村blog!

鼓童という形が見えた公演!!伝統・歩み…そしてその先へ。鼓童特別公演「道」のライブレポート!!

鼓童という形が見えた公演!!伝統・歩み…そしてその先へ。鼓童特別公演「道」のライブレポート!!

撮影:岡本隆史(Takashi Okamoto)

 2018年6月から太鼓芸能集団「鼓童」鼓童特別公演2018「道」が開催されています。演出は鼓童代表の船橋裕一郎さんが務める今回の公演、邦楽村は6月の浅草公演を観覧いたしました。2部構成の2時間、鼓童の太鼓を身体でしっかりと感じることができる素晴らしい公演でした。本日は「道」のライブレポートをお送りいたします。

鼓童特別公演「道」とは

 鼓童特別公演「道」は6月〜8月の間で開催される鼓童の全国公演です。浅草を始めとした全国13都市・全15公演で鼓童の演奏を聞くことができます。演出は鼓童の代表を務める船橋裕一郎さんが手がけています。

「道」の公演の趣旨は鼓童公式ホームページに以下のように記されています。

引き継がれる伝統、魂を揺さぶる太鼓の響き。
鼓童の真髄がここにある━━━。

『道』は、前身の佐渡の國鬼太鼓座も含め、約半世紀の歳月をかけて継承し、練り込まれた、鼓童にとって根幹ともいえる公演です。

鼓童代表を務める船橋裕一郎演出のもと、いわば古典ともいえる舞台の中から「型」を抽出し、鼓童のDNAを次代へと受け継いでいきます。

太鼓芸能集団「鼓童」 鼓童特別公演「道」より引用

 

「道」にかける代表「船橋 裕一郎」さんの想い

 邦楽村では公演開催にあたり、代表の「船橋 裕一郎」さんにインタビューをしました。そこには「道」に対する船橋 裕一郎さんの想いがありました。

 インタビューの中で船橋さんは以下のように述べています。話の中から、今まで鼓童が培ってきたものを大切にした上でこれからを見据える、そんな想いを感じます。

 「道」の公演を行うのは、「自分たちの太鼓とはどのようなものなのか」と。今一度過去を振り返り学んだほうがいいのではないかという想いからです。
鼓童はここ5~6年新作を発表し続け、どちらかといえば「革新」に重きを置いてきたように思います。

 このスタイルはほぼ半世紀近く継続してきた舞台を基調とし、「道」というタイトルをつけてからは今回で3度目になります。継続して伝統に立ち返り、深め、洗練させていく作業を行うことで、「伝統」と「革新」の両輪を強くしていきたいという想いがあります。

 まさに道のように連なっていく演奏活動を自分たちの軸とし、そこをより強くした上で新たな分野に挑戦していきたいですね。

▼インタビューの詳細については以下の記事をどうぞ!!

太鼓芸能集団”鼓童”代表の船橋裕一郎さんインタビュー!鼓童特別公演2018「道」にかける想い【邦楽村インタビューvol.8】

 

【ライブレポート】
この公演は鼓童の歴史、歩んできた「道」だった

撮影:岡本隆史(Takashi Okamoto)

 本題の公演ですが、その名の通り鼓童が今まで歩んできた「歴史 = 道」を身体で感じることができた素晴らしい公演でした。演奏された曲は時代を感じる曲から最近の曲までありましたが、昔から鼓童を支えてきた曲が多めでした。これは船橋さんのおっしゃっていた「落語も内容は噺家の解釈で変わるけど、ここは外せないという大枠や大筋がある」ということなのだと思います。

 今回の公演、一番印象に感じたのは「太鼓の音」でした。演出は舞台装置や照明効果をほとんど使用せず、太鼓と奏者が強調されていました。シンプルだからこそ、太鼓という楽器・奏者の腕がよく見えます。太鼓は良くも悪くも、見た目や動きでも観客を惹きつけることができます。そうすると音はどこかへ忘れ去られてしまいます。今回の公演は「太鼓が楽器である」ということを改めて感じさせてくれました。

▼締太鼓の多彩な音が特徴的な曲「モノクローム」撮影:岡本隆史(Takashi Okamoto)

▼鼓童だからこその「大太鼓」撮影:岡本隆史(Takashi Okamoto)

 音を一番に感じましたが、もちろん動きという面でも鼓童をしっかりと感じることができました。ダイナミックな迫力ではなく、緻密な動き、ちょっとした仕草そういった美しさを強く感じました。所作の美しさからは「坂東玉三郎」さんと歩んだ歴史を感じます。鼓童の挑戦が太鼓だけでは得られなかった厚みを手に入れ、歴史を豊かにしています。

▼ここ十数年で太鼓界に定着した「担ぎ桶太鼓」からも鼓童のエッセンスを感じます撮影:岡本隆史(Takashi Okamoto)

▼舞からは坂東玉三郎さんと歩んだ歴史を感じます撮影:岡本隆史(Takashi Okamoto)

 そして、三宅や屋台囃子(秩父屋台囃子)がとても素敵でした。郷土芸能を踏襲しているこの曲からは伝統を強く感じます。今日、太鼓が多くの人に親しまれるようになった背景には、鼓童を始めとする様々な方の演奏した「道」があったからこそだと思います。それを感じさせてくれる演奏でした。

▼独特な打ち方で迫力のある動き・音が魅力的な「三宅」撮影:岡本隆史(Takashi Okamoto)

▼フィナーレを飾る「屋台囃子」は観客の心をしっかりと掴んでいました。撮影:岡本隆史(Takashi Okamoto)

 フィナーレの屋台囃子が終わると会場からは拍手が沸き起こります。拍手はいつまでも鳴り止まず、鼓童の演奏が素晴らしかったことが伝わってきました。

 

まとめ「鼓童という一つの形を見た」

撮影:岡本隆史(Takashi Okamoto)

 今回の「道」を観覧して「鼓童という一つの伝統」を垣間見た気がします。伝統芸の歌舞伎や落語・狂言や能、三曲などは、長い歴史の中で色々な人が演じ、お客さんも内容を知っています。それでもそこに深みや個性、味があって何度もお客さんが見るというサイクルがあるかと思います。この公演からもそんな「味」のようなものを感じました。鼓童が培ってきた歴史があり、お客さんはその歴史そのもの楽しむ、正に芸能です。

 原点に立ち返った鼓童、これから5年10年、さらにその先鼓童は何を見据えているのでしょうか?「道」から感じた伝統という側面と、「巡る -MEGURU-」のような革新的な側面、鼓童がどこへ進んでいくのか楽しみですね。

 鼓童特別公演 2018「道」、とても楽しい公演でした。定番曲や新しい曲もあって、鼓童や太鼓をを知っている人も知らない人も楽しめる公演でした。歩んできた歴史を感じさせてくれると共に、これからの鼓童が楽しみになれる公演です!!

 

おまけ「鼓童が分かる展示スペース」

 今回浅草の浅草公会堂での公演でしたが、ホールには鼓童の歴史が分かる展示スペースがありました。そこでは鼓童のメンバーの紹介や鼓童の歴史などのパネルがたくさんありました。

 また、展示スペースにはRolandと共同開発中の「電子担ぎ桶」や11月から始まる新作ツアー「巡 -MEGURU-」についてのコーナーもありました。

▼鼓童のメンバーパネル

▼研修生時代の思い出の品。撥の削り節はお持ち帰りできます。いい匂い!!

▼電子担ぎ桶。個人的には試作品のメカメカしさが好きです

▼「巡 -MEGURU-」コーナー

 

 

鼓童特別公演 2018「道」は7・8月も続きます!!

鼓童毒別公演 2018 「道」はまだまだ続きます!!
7月14日から8月5日まで、まだまだたくさん公演がありますので、
まだ見ていないという方は是非ご覧になってください〜

▼鼓童毒別公演 2018「道」 公演スケジュール

邦楽村からのお知らせ



第3回千葉和楽器もくもく会
日時:2018年9月22日(土) 15:00 ~ 19:00
場所:蘇我コミュニティーセンター2階和室(京葉線蘇我駅駅徒歩5分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!


第25回和楽器もくもく会
日時:2018年9月24日(月祝) 13:00 ~ 17:00
場所:千駄木交流館(千代田線千駄木駅徒歩3分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!


調布和楽器もくもく会
日時:2018年10月27日(土) 13:00 ~ 17:00
場所:布田駅南ふれあいの家 大集会室(京王線布田駅徒歩2分、京王線調布駅徒歩10分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!


第2回神戸和楽器もくもく会
日時:2018年10月27日(土) 12:00 ~ 16:00
場所:青森ねぶたワールド 三宮生田新道店(各線「三ノ宮駅」「神戸三宮駅」「三宮駅」より徒歩5~7分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top