邦楽村blog!

大切なものが何か教えてくれた物語…なでしこドレミソラ4・5巻レビュー。

大切なものが何か教えてくれた物語…なでしこドレミソラ4・5巻レビュー。

本日11月12日より、和楽器ガールズバンドを題材にしたマンガ「なでしこドレミソラ」の4・5巻が発売開始です!!文化祭を目指し美弥達は進み、時に悩みながらも駆け抜けます。最終巻となる5巻、美弥達をラストステージと、その先に待つ景色は必見です。

なでしこドレミソラ4巻・5巻は11月12日発売!!素晴らしき和楽器ガールズバンドの物語ここに完結。

そして、本日は5巻で完結となるなでしこドレミソラ4・5巻のレビューをお届けします。
ネタバレを含みますので、ネタバレ御法度の方はご注意ください。

新たなステージへ

3巻ではお祭りの舞台で和楽器の演奏を披露した美弥(主人公・三味線)達。お客さんの反応も良く、次は文化祭かなと言う美弥(主人公・三味線)、しかしそこに喝を入れる恵真(十七絃)、そして試しにやってみた学校の中庭ライブはお客さんの反応があまりなく…

用意された舞台、そのジャンルを聞きにきた人相手だと反応も良く、確かに手応えを感じてしまいますよね。そうするとストリートや出入り自由な場所での反応とのギャップに悩むこともありますね…とてもわかります。

昔の自分を知る人

中庭ライブを見つめる一人の少女、中学時代の地味な美弥を知る彼女がとある一言を告げる。「彼女の真意は一体」と悩む美弥、それを励ます一同。そんな中聴いてほしい曲があると香乃(箏)が曲を披露する。

ここで古典曲について語られるシーンがありました。バンド形式だと古典ってあまり取り入れられることがなかったりするので、とても嬉しいですね。伝統というものについてもフィーチャーしてくださっていてとても良かったです。

悩み、モヤモヤ

一歩進んでは解決して、また悩み、しかし着実に進んでいきます。美弥や周りの人たちのやりとりは、読者も色々と考えさせられる部分がたくさんありました。作者のみやびあきのさんの言葉の表現がとても素晴らしく、心に響きます。

香乃の成長

バンドの練習もしつつ、クラスの出し物で重要な役割に挑戦する香乃、その頑張りにとある人の心が揺れます。

人前で演奏するのが苦手になってしまった香乃が自ら重要な役割へ立候補する、というストーリーに成長を感じ、ウルっときてしまいました。急には克服できないけれど、それでも頑張る姿

ついにステージ

あっという間に時間が経ち、文化祭ステージ本番を迎える美弥達。友達や家族が多く駆けつけます。今度は自分が、自分達がステージに立つ番。彼女達が奏でる音は観客に届くのか。

ステージ上は培ってきたものだけが現れるので、このステージの描写は美弥達が歩んできた全てが詰まっているようでした。高校に入り楽器を始め、仲間が増え、悩み練習した歩み全てがシーンに表現されていました。優しくあたたかいのにとても熱かったです。

演奏後、そしてラスト

演奏を終えた美弥達に様々な人からの声が…美弥達の音は様々な形で観客に届く。そしてまさかのサプライズが美弥を驚かせます。
そして文化祭を終え、自分の好きなものを確信する美弥、その気持ちはいつまでも輝く音と共に… 

なでしこドレミソラ4・5巻、最後まで素敵な物語でした

なでしこドレミソラ、5巻が最終巻となると聞いて、一体どう終わるのだろうとドキドキしていました。最後まで、とても優しく素敵な雰囲気を持ったままの完結で感動しました。
ラストのラストまで等身大の彼女達を描かれていました。見ていてドキドキやワクワクをもらえる、そんなお話でした。

ラストステージやサプライズなどは是非お手にとり、セリフや美しい表現を楽しんでもらいたいです!!

なでしこドレミソラを読み終えて

なでしこドレミソラを読み終えて「好きなものに出会え、それを人とともに紡いでいけることがとても素敵だな」と思いました。自分が好きと思えるものを大切にして、誇り、それを仲間と分かち合う、とても素晴らしいことですね。「自分自身の好きなもの、大切なものって何だろう」と心に問いかけてしまいました。

また、なでしこドレミソラの音の描写の美しさもですが、登場人物達の言葉や行動など深く考えさせられる部分が多かったです。共感できる部分や何でだろうという部分、読み手が入ることができる間のようなものがありドンドン引き込まれている自分がいました。

そして、和楽器という難しい題材をここまで丁寧に書き上げてくださった作者の「みやびあきの」先生は本当にすごい作者様です!!楽器の話から界隈の話、伝統の話や今の話など和楽器を大切にしてくれていることが様々な部分でわかり、和楽器界にいる一人の人間としてとても嬉しい気持ちになりました。

1巻の発売が2016年の10月12日、5巻が2018年11月12日と丸2年。こんなに素晴らしく、楽しい作品に出会えて本当に良かったです。
和楽器をやっている人もやっていない人も読んだらあったかい気持ちになれる、なでしこドレミソラはそんな素晴らしい作品だと思います。

みやびあきの先生、素敵な物語をありがとうこざいました!!

邦楽村からのお知らせ


第28回和楽器もくもく会
日時:2018年12月23日(日) 13:00 ~ 17:00
場所:千駄木交流館(千駄木駅徒歩5分)
参加費:500円(当日現金払い)
※※※もくもく会後に和楽器好きの忘年会開催!※※※
詳細確認・お申し込みは こちら から!


第5回千葉和楽器もくもく会
日時:2019年1月26日(土) 15:00 ~ 19:00
場所:蘇我コミュニティセンター2F和室(JR京葉線蘇我駅 徒歩5分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top