邦楽村blog!

和楽器に使われている皮をまとめてみました。

和楽器に使われている皮をまとめてみました。

 和楽器と切っても切り離せない関係にある「皮」。今日はどのような皮が和楽器に使われているのか気になったので簡単にまとめてみました。(→は主に使われている楽器)

猫→三味線

 猫皮は三味線に使用されています。三味線=猫の皮というイメージは三味線をやっていない人でも持っているくらいイメージが強いですね。三味線の猫皮の場合は四つ皮、なんて言い方もします。基本的には傷のない皮が好まれますが、傷のある皮は喧嘩猫で丈夫だ、ということで傷のある皮を好む方もいるそうです。以前はアジア諸国で入手可能だった猫皮ですが、近年は国の法律や条約が厳しくなり、良質な猫皮は手に入りづらくなっているそうです。

犬→三味線

 犬皮も三味線に使用されます。猫に比べ丈夫な犬皮は津軽三味線などに主に使用されています。三味線をやっている人にはメジャーな皮の一つです。三味線をやっていない人だと意外な皮かもしれません。こちらも猫皮同様近年では良質なものが入手しづらくなってきています。

蛇→三線

 沖縄の楽器である三線、こちらには蛇皮が使用されています。蛇皮はあの独特な皮の見た目や手触りが非常に印象的ですね。すぐに破れてしまいそうな雰囲気はありますが、触ってみると以外にも頑丈な皮です。三線だと、蛇皮風な人工皮もあるようです。

牛→和太鼓

 牛皮は和太鼓に使用されています。非常に厚く、頑丈なのが牛皮の特徴です。その頑丈さは和太鼓のように耐久性が必要なものにうってつけです。牛皮ですが、通常の牛皮と水牛の皮などがあるそうです。水牛皮は沖縄のエイサー太鼓などに使用されることがあります。

馬→和太鼓(担ぎ桶など)

 馬皮は和太鼓の桶胴太鼓などに使用されています。牛皮に比べ軽く、張りのある乾いた音が出るのが特徴です。強度は牛よりは低いそうですが、それでもかなりの耐久力があります。

豚→太鼓(パーランクなど)

 豚皮も太鼓に使用されています。豚皮は沖縄のパーランクに使用されることがあります。パーランクは水牛の皮などが主ですが、豚皮が使用されている製品もあります。

山羊→三味線

 山羊皮も和楽器、主に三味線の皮として使用されています。犬皮や猫皮が入手しづらくなった近年で、次世代の可能性ある皮の一つとして注目されつつあります。丈夫ながらも柔らかい音色が特徴の皮で、この音色が良いという方も多くいるそうです。

カンガルー→三味線

 カンガルー皮も三味線に使用されています。こちらも次世代の可能性ある皮の一つとして注目が集まりつつあります。カンガルー皮は非常に頑丈な皮で、耐久性が良いそうです。また、オーストラリアなどではカンガルーが増えすぎているという問題なども合間って入手もしやすい皮の一つです。これから三味線のスタンダードになるかもしれません。 

犬皮・猫皮は今後入手困難!?カンガルー皮三味線について調べてみた!

合成皮→三味線、和太鼓など

 最後は合成皮についてです。人工的に作られた合皮は三味線や和太鼓などで使用されています。三味線の方が広く使用されていますが、和太鼓でも近年合皮を使用したものが少しずつ増えています。合皮にはリプル、ファイバーセンといった種類のものがあります。合皮によって、表面が繊維状になっているものもあれば、紙のようにサラサラしているものなどもあります。

皮の種類は本当に多種多様

 こう見ると、本当に様々な皮の種類がありますね。そしてその多くが動物から得られる皮であり、その助けがあって初めて演奏できることがわかります。こういった所からも、楽器を大切にしようと思う気持ちが湧いて来ます。

 アフリカなどでトーキングドラムを用いる部族などでは、生活の一部でありながらも、生命から作られていてとても神聖なものとして、大切にするところも多くあるそうです。

 三味線などは演奏会前にカン張りして、その一回で破けても良いという話などもあります。悪いことではないと思いますが、改めてその大切さというものに目を向けると難しいなと思います。どの国でも以前のように皮の入手が難しくなって来た今だからこそ、皮の大切さや合成皮などにスポットを当てて行く必要がありそうです。

 今回紹介した皮以外に、こんな皮もあるよという方がいましたら、ぜひ教えていただけると嬉しいです〜

邦楽村からのお知らせ

※8月は池袋和楽器もくもく会との共同開催のため
千駄木和楽器もくもく会は開催されません!
ぜひ池袋の和楽器もくもく会へご参加ください!
↓↓↓↓↓


平成最後の夏!池袋和楽器もくもく会
日時:2018年8月18日(土) 9:30 ~ 17:00
場所:上池袋コミュニティーセンター(JR池袋駅 徒歩10分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!


神奈川和楽器もくもく会(in全国邦楽合奏フェスティバル)
日時:2018年9月2日(日) 11:00 ~ 17:00
場所:洗足学園音楽大学(東急線溝の口駅徒歩8分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!


第3回千葉和楽器もくもく会
日時:2018年9月22日(土) 15:00 ~ 19:00
場所:蘇我コミュニティーセンター2階和室(京葉線蘇我駅駅徒歩5分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top