邦楽村blog!

楽譜を覚えるなら、まず◯◯から

楽譜を覚えるなら、まず◯◯から

楽譜を覚える為の練習方法、タイトルに入る◯◯とは一体なんでしょうか?

本を読む?
教室に通う?

その答えは…

写経です。

写経といっても、般若心経などを写経するわけではありません。
楽譜手書きで書き写していくのです。

IT系などでは、この写経を勧められます。

img_4587

最初は意味がわからなくてもよいから写経しろ、と。
本当に最初は意味がわかりませんでした。
同じものを写すだけになんの意味があるのか…疑問でした。

しかし、何度も何度もやるうちに意味がわかってきたのです。

img_4588

それは、考えるようになるということ。
何度もやると、そこになんの意味があるのか考えるようになります。
プログラムミングであればどんな動きをするの、どんな意味があるのか、などです。

楽譜も同じです。
まずは知っている曲の楽譜から始めるといいですね。
知っている楽譜なら、写経するうちに、ここがあのリズムか、ここがあの音程か、など考えるようになります。

それを繰り返していくと、自然と楽譜を覚え、読むことも、書くことも容易になります。

img_4589

今でこそ気づきますが、私も和太鼓を始め、楽譜を覚える為に、最初は自分の所属する団体にある楽譜を書き写していました。

正に写経をしていたのです。

ちょくちょくというペースでしたが、大体2-3ヶ月くらいで楽譜を読んだり、自分で書いたりできるようになりました。
もちろん、記号などは都度調べる必要がありましたが、それもまた曲の理解につながる楽しいものでした。

すでに実践していたんですね。しかし、その効果と意味は最近ようやく理解できました。

もちろん本などを読んでも覚えることはできます。
大切なのは、まず始めること。
もし、どの本が良いとかどうやったら良いという所に時間を取られて進まない場合は、とりあえず写経してみてください。

写経、その効果は絶大です!!


--- 邦楽村からのお知らせ ---


第20回和楽器もくもく会
日時:2018年2月24日(土) 17:30 ~ 21:30
場所:千駄木交流館
参加費:500円
和楽器愛好家がゆるく交流するイベントです!
ワンコインで参加でき、事前に準備することは全くございませんのでお気軽にご参加下さい!
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top