邦楽村blog!

邦楽の日を紹介!この日は古来より芸事を始めるのに良いとされてきました!

和楽器好きの皆さんは、
邦楽の日というものがあることをご存知でしょうか?

ちょっと前に和楽器屋さんでたまたま知ったのですが、
そんな記念日があったとは…

というわけで本日は、邦楽の日についてです〜!

邦楽の日とは?

邦楽の日は6月6日です!
1985年(昭和60年)に東京邦楽器商組合(東京邦楽器商工業協同組合の前身)が制定しました!
東京邦楽器商工業協同組合:http://www.wagakki.org

古来より6歳の6月6日に習い事・芸事をはじめると上達すると言われてきたそうです!
特に行儀の基礎として三味線・琴を習う子供が多かったところから、
6月6日を「邦楽の日」としました!
歌舞伎や能、狂言でもこの日を初稽古と呼び、
6歳の6月6日に稽古を始めるという風習があるそうです!

稽古始めを言い始めたのは室町時代に能を大成した世阿弥(ぜあみ)です!
世阿弥の書いた風姿花伝という能の理論書に、
「芸事は7歳(満6歳)ではじめるのが良い」
という内容が書かれているとのことです!

邦楽の日と同じ日は「楽器の日」

調べてみると、6月6日は楽器の日でもあるそうです!
楽器の日は1970年(昭和45年)に、全国楽器協会が制定したそうです!(そんな協会があったとは…)
全国楽器協会:http://www.zengakkyo.com

邦楽の日より早く作られたんですね!
制定理由は邦楽の日と同じく、
6歳の6月6日に楽器など習い事を始めると上達すると
昔から言われてきたからだそうです!

そのほかにも「生け花の日」「おけいこの日」など、稽古繋がりの記念日がたくさんあります!
また6月6日は「飲み水の日」、「かえるの日」、「コックさんの日」、「兄の日」「補聴器の日」「ほんわかの日」などなど、
稽古とは関係ない記念日もたくさんあるようです!
…ほんわかの日?

6月6日が稽古始めに良い由来

指を折って数を数える時「6」で小指を立てた形になることが、
6歳の6月6日に稽古始めをするのが良いとされる由来とのことです!

「小指が立つ」→「子が立つ」→「子が自立する」

(…ダジャレじゃねーか!)

このように縁起を担ぎ、6歳の6月6日を稽古始めに良い日としたそうです!

自分は最初何をやった?

僕は三味線を大学の和楽器サークルではじめたので、19歳の4月が稽古始めですね!
最初にやったのは確か…「きらきら星」を先輩に教えてもらったような気がします!
その後、宮城道雄小曲集の「君のめぐみ」と「大井川」を発表しました!
大学の部室や大学近くの神社で教えてもらったことを今でもよく覚えています!

未体験の楽器に挑戦する最初の瞬間は、やっぱり思い出に残るものです!
教える側にとっても教わる側にとっても、良い思い出になるような初稽古になるといいですね!


--- 邦楽村からのお知らせ ---


千葉和楽器もくもく会
日時:2018年3月4日(日) 13:00 ~ 17:00
場所:誠之会館(JR東金線東金駅 徒歩1分)
参加費:500円
和楽器愛好家がゆるく交流するイベントの千葉県版です!
ワンコインで参加でき、事前に準備することは全くございませんのでお気軽にご参加下さい!
詳細確認・お申し込みは こちら から!


春の池袋和楽器もくもく会"箏と竹と琵琶と地歌三味線"
日時:2018年3月11日(日) 11:00 ~ 17:00
場所:池袋本町第二区民集会室 会議室2階(東武東上線北池袋駅 徒歩2分)
参加費:500円
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top