邦楽村blog!

iOS版 GarageBandに和太鼓と箏が追加!!気になる使用感などを紹介します。

iOS版 GarageBandに和太鼓と箏が追加!!気になる使用感などを紹介します。

Appleが配信するiOS向けのアプリケーションGarageBand和楽器が仲間入りです!!
直感的に触って音を鳴らすTouch Instrumentとして和太鼓が配信されています。

iOS11になってからGarageBandをいじっていなかったので驚きです。
さらに、アプリのUIなどもかなり変わっていて、以前とは別物アプリかのような印象も受けました。

本日はGarageBandに仲間入りした和太鼓と箏の使用感などをご紹介します。

iOS版GaradeBandに和太鼓と箏が追加!!

公式のサイトによると、11月2日にアナウンスがあり配信開始されていた模様です。
日本の楽器へのフィーチャーというよりは、伝統楽器へのフィーチャーのようですね。

詳細はApple公式サイトをご参照ください。

 

今回の配信で日本の楽器からは箏・和太鼓中国の楽器からは古筝が追加されました。
いずれもタッチして音をならすTouch Instrumentという形式です。
楽譜やDTMや作曲ソフトの使い方がわからない人でも直感的に遊ぶことができます。

使い勝手

和太鼓

使える和太鼓が多くて面白い

和太鼓は大小合わせて12個使用できます。さらに、鳴り物が二つバチ音も再現が可能です。
和太鼓は一つ一つ音の高低がしっかりと区別されています。

さらに、和太鼓はフチ・胴をタッチするとフチ音・胴音も鳴らせます。
これもそれぞれの太鼓で音が異なるというこだわり具合です。

連打精度などは中々のもの

端末によりますが、連打などの精度もかなり高いです。
複数の太鼓を同時にタップした際の感度や音の重なりも結構良い感じです。

注意点としては、音の強弱があまりつかない点です。
強い分にはそれなりにつくようですが、タッチという性質上弱い音は苦手なようです。太鼓によっては強弱がついていないような印象のものもありました。

和太鼓奏者も使えそうな中々の仕上がり

もう一歩超えて欲しいという部分もありますが、直感的に曲を作ったり・遊んだりという際の音源として使うにも申し分ない仕上がりです。

欲を言えば、桶胴太鼓のような音色を持つ太鼓も欲しかったです。
今後のアップデートでより使いやすくなる可能性や種類が増える可能性はありますので、そこに期待です。

音に影響はありませんが、和太鼓をタップすると面ではなく和太鼓全体がボヨンと跳ねるエフェクトはなんか癖になる可愛さがあります笑

 

画面上のインパクトがあってグッとくる

和太鼓がズラーっと並んでいてのと対照的に画面いっぱいに箏が広がっていて、圧倒的な存在感がありますね。

残念ながら、画面上の琴柱は動きません。もちろん調弦は変えられます。
タップすると弦は振動しますが、バックにある箏の画像は固定のもののようです。

また、もくもく会で遊んでもらった時に「画面に対して箏の向きが逆なのでは?」という意見も挙がりました。
言われてみると文字のならびに対して、奥から手前に向けて高音→低音のならびになっています。
箏奏者の方からすると非常に気になるところみたいです!!

ん〜和太鼓のクオリティが中々だっただけに、もうちょっとこだわって欲しかったですね。

タッチ感度・音は良好だが…

タッチの感度は和太鼓と同様に中々のものです。
連続したタッチでもしっかりと認識してくれます。
複数の弦を触ってもしっかりと認識して、綺麗な音色を奏でてくれます。

ただ、音の強弱は全くつきませんでした!!
和太鼓以上に音の強弱が必要ですし、繊細さが魅力の一つである箏だけにもったいない。

また、トレモロもできないようです…
タップして擦るという動作になるので、仕方ない気もしますが…トレモロ風が可能なお箏アプリもあるだけに、こちらももったいない点ですね。

基本のタップには対応させていても、その楽器独自の奏法には対応していないという印象です。

気になる調弦は

気になる調弦ですが、箏独自のものではなくプリセットのスケールから選択する方式になっています。
プリセットのスケール自体は結構な種類があります。

個人的には、このプリセットはこういう音色の設定なのかと遊べましたが、曲作りに使おうと思う場合はここら辺の制約がネックになるかもしれません。

音としては良いが箏奏者には物足りない仕上がり…今後に期待!!

箏を演奏しない人が曲作りの際に利用する分には、そこまで不自由はないと感じました。結構遊べます!!
箏を知るという点では十分に良いのではないかと思います。
音に関しても中々良いので、その点も良かったです。

ですが、箏奏者がGaragebandで何かしようと思った際にはあまり有用性は高くないという印象を受けるかと思います。

こちらも今後のアップデートで、もう少し使いやすさが向上することが望まれます。
惜しい!!GarageBandという様々な組み合わせが可能だからこそもっと使い勝手が良くなれば使用頻度が上がるのになぁとう感じです。

お箏の実演奏感だけでいえば、i KotoHDなどのアプリの方に軍配が上がります。
こちらのアプリはトレモロ風なども可能だったり、独自の調弦も可能なのでかなり良いアプリです。

 

古箏

こちらは、中国の伝統的な弦楽器、古箏(こそう・グーチェン)です。

基本的な使用感などは箏と同様でした。
弦が21本と多いので音色に奥深さがあります。

普段目にしたり触ったりすることのない楽器をこうやって演奏できるのは嬉しいですね。
そういった点では、和太鼓や箏に改善点はありますが、多くの人に触って知ってもらえるだけで十分な箏なのかもしれませんね。

追加方法

せっかくなので、GarageBandでの和太鼓、箏の追加方法も紹介します。

GaradeBand未インストールの方はまずはGarageBandをインストールしてください。
2017年あたりからGarageBandは無条件での無償化になったので、iOS端末で対応している端末であればダウンロードが可能です。

また、アプリが最新でない場合は、アップデートを実施してください。
アップデートが可能な場合は、Appストアアプリのアップデートから実施可能です。

アプリを起動し、新規でプロジェクトを作成すると以下のような画面に移ります。

左右にスワイプしていくと、Sound Libraryという項目があるので選択します。

移動した画面で日本の伝統楽器や中国の伝統楽器のサウンドがダウンロード可能です!!

ダウンロード完了後、一つ前の画面へ戻ります。和太鼓はDRUMSのその他のサウンドに、箏はWorldという項目に配置されています。

選択すると演奏画面に移動して、演奏することができます。

 

改良の余地はあれど、直感的に和楽器が扱えるのは面白い

まだまだ改良の余地はありますが、気軽に和太鼓・箏が扱えるようになるのは良いなと思います。

先述したように、より多くの人に触ったり知ってもらうことも非常に重要ですね。
ここが入り口になって、和楽器人口が少しでも増えたらいいですね。

また、これを機に和楽器を取り入れた曲ももっと作曲されると、和楽器の可能性が広がりそうで楽しみです。

演奏者としては、物足りない部分もありますが今後のアップデートに期待しつつ、今は追加配信してくれたことに感謝して楽しく遊ぼうと思います〜

対応端末をお持ちの方は是非遊んで見てください!!
対応端末持ってないよという方は、もくもく会などに来てくだされば試しに遊べますのでお待ちしております〜笑

邦楽村からのお知らせ



第3回千葉和楽器もくもく会
日時:2018年9月22日(土) 15:00 ~ 19:00
場所:蘇我コミュニティーセンター2階和室(京葉線蘇我駅駅徒歩5分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!


第25回和楽器もくもく会
日時:2018年9月24日(月祝) 13:00 ~ 17:00
場所:千駄木交流館(千代田線千駄木駅徒歩3分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!


調布和楽器もくもく会
日時:2018年10月27日(土) 13:00 ~ 17:00
場所:布田駅南ふれあいの家 大集会室(京王線布田駅徒歩2分、京王線調布駅徒歩10分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!


第2回神戸和楽器もくもく会
日時:2018年10月27日(土) 12:00 ~ 16:00
場所:青森ねぶたワールド 三宮生田新道店(各線「三ノ宮駅」「神戸三宮駅」「三宮駅」より徒歩5~7分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top