邦楽村blog!

和太鼓&アコギ!?熱き男達による和楽器系バンド”龍の牙”インタビュー!【邦楽村インタビューvol.6】

本日は超男くさい、超超魅力的な和楽器系バンドをご紹介したいと思います!
アコースティックギターと和太鼓で熱い想いを伝える、
龍の牙です!

龍の牙総長が池袋の和楽器もくもく会にいらっしゃったことがご縁となり、
今回インタビューさせていただけることとなりました!
2018年1月27日にワンマンライブもありますので、そちらもぜひ!

というわけで邦楽村インタビュー第六弾は、龍の牙です!

龍の牙とは

弾き語り二重奏×和太鼓叩き語り
日本の伝統、文化を新たな形で現代未来に伝えていきたいと、和太鼓の鼓動に歌とアコースティックギターを載せ
立ち振る舞い、歌詞、振り付け、演出など日本式に拘った新たなエンターテインメント集団「龍の牙」を結成し2013年に旗揚げ。​
その後も、各地のお祭り、野外フェス、ショッピングモールなどのインストアLIVE、各地LIVEハウス出演、定期的な単独公演、殺陣集団やタップダンスとのコラボレーションなどを次々と実現。
2018年より三味線、篠笛などの和楽器も積極的に取り入れ
海外からも注目を浴び、怒涛の勢いで突き進む。
圧倒感、緊張感、一体感。今まで体感した事のない空間がここに。

公式HP:https://www.ryu-no-kiba.com/

龍の牙メンバー紹介

牙ネーム「総長」

サブネーム:百戦錬磨の獅子 総長
楽器:和太鼓の叩き語り
イメージ:大地

​一匹狼として戦場を駆け抜けて来た漢が突如として龍の牙構想を実現させる。
その身を削り自らの生き様を示す事で、縦横無尽に暴れる龍をまとめ上げ
鬼才とも言える発想と行動力にて敵対勢力をも巻き込み、音楽業界に下克上を果たす。
​果て無き野望を掲げ、圧倒的な声の圧力で先陣を震え上がらせ生きる事を体現し続ける勇猛果敢の将。
​第二章より世界初の和太鼓叩き語りに挑み、最前線より猛威を振るう。

牙ネーム「長官」

サブネーム:風の如し隼 長官
ポジション:ギター
イメージ:風

独自の剣術にて鋭い刃となりしギターを奏で、見る者の心を突き刺し鷲掴みにする。
龍の牙のサウンドを支え、強き信念が歌声となり戦場を躍動する。
その勇姿は多くの者を魅了し、常に敵陣を壊滅に追い込む武功を立てる。
風の様に走り、林の如く静寂に、火の様に燃え上がり、山の如く凛と立ち振舞う。
まさに風林火山を体現出来る和魂漢才の将。

牙ネーム「大佐」

サブネーム:百鬼の申し子 大佐
楽器:ギター
イメージ:雷

誰よりも真っ直ぐに弾丸となり戦場を駆け抜け、
鬼と化し自らのギターの弦を切り刻み敵陣を震え上がらせる姿は牙名物。
龍の牙ムードメイカーにして響かせる優しき歌声と、時に民を和ませる人柄は敵陣をも魅了する。
誠の道行くその姿勢に凌駕される唯一無二の将。
修行の為、しばらく別の道を歩んで来たが、第三章より正式に帰陣。再び龍を背負う。

援軍 グローカル~GLOCAL~紹介

和楽器・洋楽器問わず様々な楽器を用い、
あらゆるジャンルの曲を演奏するグループです。
技術的にはまだまだ未熟ですが、
上記コンセプトに基づき楽しんで合奏しています。

今回援軍として参加することとなったグローカルです!
グローカルのみなさんは、
邦楽村の和楽器もくもく会や村フェスにもよくご参加いただいております!(^o^)

龍の牙インタビュー!

ー 本日はどうぞよろしくおねがいします。
1月27日にワンマンライブの龍の牙第三章「序曲 迅雷龍烈」が開催されます。
まずライブ名の「迅雷龍烈」とはどのような意味なのでしょうか。

龍の牙総長です。よろしくおねがいします。
もともと「迅雷風烈」という四文字熟語がありまして、
これは風や雷が起こるほど物事が急激に変わるという意味です。
そこに龍の字を入れて「迅雷龍烈」にしました。

ー 今年は龍の牙にとって激変の年になるということでしょうか。

そうですね。
まずは3年程龍の牙から離れていた「大佐」が復帰したことが大きいですし、
三人が自由に動けるタイミングになった事も非常に大きい。
動きたくても動けないこれまでの道が一気に頂上に向けて交わった感じです。

龍の牙 大佐の復帰

また今回グローカルさんに援軍に入ってもらったように、
バンドに和楽器を入れていくことも激変ですね。
龍の牙は、和楽器をずっと入れたかったんです。

ー ワンマンライブ「序曲 迅雷龍烈」、どのようなライブとなりそうでしょうか?

今までとは違う「和」の要素を強く取り入れたライブにします。
ライブ名に「序曲」と付けたのにも理由がありまして、
毎年春にワンマンライブをやっているので、
そこに向けたプロローグとして新しくなった龍の牙を表現したいです。

新生 龍の牙

ー 続きまして、龍の牙結成のきっかけを教えてください。

「今まで誰もやって来なかった凄い事をやってのし上がりたい」
と思った事がきっかけですね。

それを実現させていく事が「音楽でメシを食う」事にも繋がると思いまして
龍の牙を結成しました。
今年から始まる第三章は特に「音楽でメシを食う」に特化して活動していく予定で、
ゆくゆくは会社にしていきたいと思っています。

ー 会社ですか!プロアーティストとしてどこかのレーベルに所属するのではなく?

その時代はもう終わったと自分は思っています。
CDが売れないと言われる時代に、レコード会社に所属してヒットチャートにのるという従来の形ではなく、
やり方を変えないと生き残れない時代だと思ってます。
その看板がなくても、いくらでも自分達で発信出来る時代になりました。

また、ライブやお祭り、野外フェスなど体感を求める事の需要は増えていると。
それであれば、自分達でアクションを起こして自治体とパイプを作り、自由に動いていく。
そうなった時に会社にした方が動きやすいメリットは大きいです。
イメージしてる事をひとつひとつ実現させていけば全然可能な話だと思ってます。

ー 龍の牙のメンバーはどのように集まったのでしょうか。

元々3人とも同じライブハウスで弾き語りをしていて、
顔見知りというか、ライバルのような関係でした。
自分が龍の牙を発想した時には、真っ先にこの2人が思い浮かびましたね。
すぐに誘い、龍の牙結成となりました。

リハーサル風景(左:総長 右:長官)

ー 龍の牙の目指すイメージとはどのようなものなのでしょうか?

イメージは「お祭り」です。
お祭りを通して日本を盛り上げていきたいというのが根底にあります。

日本全国の自治体や海外でのお祭りで演奏していきたいと思っていますし、
実際にお声がけもいただいています。
特に「龍」の字がつく全国のお祭りで演奏したいです!

総長オリジナルの和太鼓叩き語り

ー 今回和楽器をバンドに取り入れたことも、龍の牙のイメージと関係しているのでしょうか?

そうですね。
よりバンドのカラーを出すために和楽器を取り入れたいというのは
結成当初から考えていました。
和楽器はライブのシーンではまだまだ敷居が高いので、
多くの人に馴染みのあるアコースティックギターと融合させることで、
和楽器をより身近に感じてもらえるんじゃないかと思っています。

ー 今回のライブ「序曲 迅雷龍烈」の見どころはどういったところでしょうか。

やはり龍の牙に2人の和楽器奏者が合わさったので、
今まで観客が見たことのない世界になっていると思います。
馴染みのお客さんにとっては大佐が戻ってきたことも、涙腺にくると思います。

ー 龍の牙で実現したい夢はありますか?

旗揚げの時にお客さんと約束したのは、必ず武道館でライブをしますということ。
でも2019年から武道館が改修工事に入るみたいで・・・
2020年でしょうかね。
武道館ライブは必ず実現させます!
あとは世界進出することも夢ですね。
今の気持ちとして、2013年にやった旗揚げ公演の時の前の頃の気持ちなんです。
新しく生まれ変わるというか・・・とてもやる気に満ちています。

目指すは武道館!

ー ありがとうございました。
最後に何かお伝えしたいことがありましたらどうぞ。

龍の牙では今年からバンドに和楽器を取り入れていくのですが、
色々な和楽器奏者の方と共演したいと思っています!
人前で演奏する機会がないという和楽器奏者の方がいましたら、ぜひ共演しましょう!
また自分が10年以上色々なライブハウスを回ってきているので、
和楽器をやっていてライブハウスで演奏してみたいという想いのある方は
パイプ役にもなりますので、ご相談下さい!

ー 実際に今回共演するグローカルのお二人の感想も聞いてみたいと思います。
今回龍の牙と共演してみていかがでしょうか。

普段は和楽器との合奏が多いですが、龍の牙さんと共演することで色々と勉強になっています。

特にフレーズの入れ方やリズムが和楽器のものとは違いますね。
練習も面白いし、ごはんに連れて行ってくれたり本当に楽しいです!

ー ありがとうございました。龍の牙とグローカルでした。

1月27日 龍の牙ワンマンライブ 第三章 序曲 迅雷龍烈

そんな龍の牙のワンマンライブ
第三章 序曲 迅雷龍烈が、
1月27日に開催されます!
お申し込みは龍の牙公式HPから!
龍の牙公式HP:https://www.ryu-no-kiba.com

龍の牙 第三章 序曲
単独公演『迅雷龍烈』
~衝撃の六重奏~
<日にち>
2018年1月27日(土)
<場所・時間>
場所/新宿SACT!
開場/19:00
開演/19:30
<料金>
前売り ¥3000
当日 ¥3500
※プラス1ドリンク代別
<出演>
龍の牙
援軍/グローカル~GLOCAL~

— 邦楽村インタビュー一覧 —

【邦楽村インタビューvol.1】日本の粋と風流を歌うシンガーソングライター”なつみゆず”(2017年10月23日)
【邦楽村インタビューvol.2】尺八オンリーにこだわった和楽器集団”尺八アンサンブル十哲”インタビュー(2017年11月5日)
【邦楽村インタビューvol.3】世界規模の三味線コミュニティ!Bachido代表 Kyle Abbott(カイル)(2017年11月23日)
【邦楽村インタビューvol.4】新進気鋭の津軽三味線DUO”桃響futari”インタビュー!前編(2018年1月10日)
【邦楽村インタビューvol.5】「楽しい」を伝えたい!津軽三味線DUO”桃響futari”インタビュー!後編(2018年2月1日)
【邦楽村インタビューvol.6】和太鼓&アコギ!?熱き男達による和楽器系バンド”龍の牙”インタビュー!(2018年1月21日)
【邦楽村インタビューvol.7】和楽器ユニットJamsラストライブ間近!Jamsに色々聞いてみた!(2018年3月1日)
【邦楽村インタビューvol.8】太鼓芸能集団”鼓童”代表の船橋裕一郎さんインタビュー!鼓童特別公演2018「道」にかける想い(2018年3月21日)
【邦楽村インタビューvol.9】津軽三味線奏者山中信人さんインタビュー!津軽三味線世界大会A級3連覇達成、殿堂入り!(2018年6月7日)
【邦楽村インタビューvol.10】太鼓芸能集団”鼓童”の住吉佑太さん、山脇千栄さんに聞く「初音ミク×鼓童スペシャルライブ2018」の感想!!(2018年7月2日)

邦楽村からのお知らせ



神奈川和楽器もくもく会(in全国邦楽合奏フェスティバル)
日時:2018年9月2日(日) 11:00 ~ 17:00
場所:洗足学園音楽大学(東急線溝の口駅徒歩8分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!


第3回千葉和楽器もくもく会
日時:2018年9月22日(土) 15:00 ~ 19:00
場所:蘇我コミュニティーセンター2階和室(京葉線蘇我駅駅徒歩5分)
参加費:500円(当日現金払い)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top