邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

三味線の皮って何でくっついてるか知ってる?和楽器展示会三味線皮張りレポ!

8月28日に開催されました和楽器展示会で、貴重な三味線の皮張り実演が行われていました!

関連:【イベントレポ】観る・聴く・体験する!第1回和楽器展示会が想像以上に面白かった!

時間の関係で残念ながら皮張りの実演を見ることはできなかったのですが、三味線作りについてお話を伺うことができました!ありがとうございました!

三味線の皮を選ぶ

三味線の皮は、分厚く傷の少ないものに価値があります!

特に傷が少ないものを入手することが難しいようです〜

shamikawa

こんな風に使用前の皮を見たことが無かったので、良い経験になりました!

 

三味線の胴に糊付けをする

三味線の皮を胴に貼り付ける時に、何が使われているかご存知でしょうか?

実は、白玉を加工して作った糊を使っているんです!

wagakki_expo_1st_20160828_s_025

本当に白玉だ!

白玉は乾くと超強力な接着力を発揮します!(水濡れには弱いので、水気には注意!)

三味線の部品は、胴や糸巻き、駒や撥に至るまで全て自然の素材が使われているのですが・・・まさか糊まで100%天然のものが使われていたとは・・・!

三味線の皮を胴に貼り付ける

最後に三味線の皮を胴に貼り付けます〜!

まずは「木栓」と呼ばれる道具を、皮の外周に取り付けます!

次に木栓にヒモをかけて、締めあげることで、限界まで張った状態の三味線の皮が完成します!

wagakki_expo_1st_20160828_s_024

木栓よりも一回り小さな杭を使い、皮張りの微調整を行います!

wagakki_expo_1st_20160828_s_026

三味線が良い音で鳴るかどうかは、この皮張りに全てがかかっていると言っても過言ではありません!

限界を見極め最大限張った三味線は、正に職人技!

こればかりは、機械では真似できない技術ですね!

 

カンガルー皮の三味線

三味線の皮張りの他にもこちらのブースでは、珍しいカンガルー皮の三味線が展示されていました〜

最近では三味線の皮の材料となる犬皮や猫皮が、大変希少なものとなってきております!

そのため従来の皮の代替品が、合成繊維を含め模索されています!

そんな中特に注目されているのが、こちらで展示されていたカンガルー皮の三味線です!

wagakki_expo_1st_20160828_s_028

音を聴かせてもらったのですが、個人的には犬皮の三味線と全く遜色の無いように聴こえました!

これなら何の問題も無いのではないでしょうか!?

 

三味線はずっと触ってきたのですが、どのように作られているかといったことに関してはほとんど知らなかったので、とても良い経験になりました!ありがとうございました!

色々な和楽器についての知識がたくさん得られて、たくさんの人に出会える和楽器展示会は、来年も開催予定だそうです!

今回参加された方も、参加されなかった方も、ぜひ来年一緒に参加しましょう〜!


-----邦楽村からのお知らせ-----
第15回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年10月29日(日) 13:00〜17:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

第3回池袋和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年11月4日(土) 13:00〜17:00
場所:上池袋コミュニティーセンター7階和室(JR池袋駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top