邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

【必見】三味線の解体方法を解説!!

3月にプラハに行ったのですが、三味線は機内持ち込みする為、解体した状態で持っていかないといけませんでした。
しかし、三味線の解体方法を知らないので、おばこのマスターに教わってきました

へぇ〜そうなんだぁ〜というところが多く、これが少しでも広まればと思いますので、説明いたします。

※この方法はあくまで一例であり、全てではございません。流派や先生によって異なる場合がございますので、より詳細は先生に聞くのが一番良いです。

完成形

これを

こうしたい

分解していこう!!

三味線を三分割する

  1. 音緒を外す
    竿を分解するにあたっって弦などを外していく必要がる為、まずは音緒を外します。
    音緒は竿の最下部に引っかかっているだけなので、弦を緩めるだけで簡単に取れます。
    取れたら、弦をある程度束ねて、下記のように八の字に巻いていきます。
    あまりきつく巻くと、弦に折り目がついてしまうので注意が必要です〜
  2. 竿の継ぎ目を確認する
    竿には継ぎ目があります。
    普段ははきっちりとはまっているので、継ぎ目が見えませんが、本来は継ぎ目があるのです。
    上は緩めた後の為、継ぎ目が見えます。
    継ぎ目が見えるくらい緩むとスポッと取れるので、まずはこのキッチリはまっている竿をゆるくしていきます。
    その為、まずは竿の継ぎ目を探します。
    目を凝らしてみたり、指で触るとかすかに継ぎ目がわかるかと思います。
  3. 継ぎ目を握る
    継ぎ目を下の写真のように握ります。
    ポイントは、親指は竿を上に押し出すように握ることです。
    また、あまり強く握らないこと!!
    解体は力を直接三味線にぶつけるのではなく、力の流れを三味線に伝播させて緩めるんです。
  4. 右手を竿にそってスライドさせて、手に当てます
    竿を握った手に右手をぶつけます。
    その時の衝撃の流れを利用し、握った手の親指で竿の継ぎ目を押し出すような感じで緩めます。
    ポイントは、竿に対して横の衝撃を与えないようにすることです。
    横の衝撃を与えると、継ぎ目の部分が折れてしまいます!!あくまで、手に当てて上下の衝撃を与え、竿を緩める。
    この作業は慣れるまでかなり難しいかと思います。
    三味線以外のもので何度もチャレンジすることが大切です。
  5. 竿を外す
    上の作業を繰り返し行うと、竿が緩んで継ぎ目が見えてきます。
    そうしたら、竿をまっすぐはずしていきます。
    継ぎ目は本当に細い部分で繋がっているので、グリグリ取らないようにしてください。
    しっかり緩んでいれば、簡単に取れます。
    継ぎ目、こんな風になっているんですね〜
    これは力を加えたら折れますね…
    継ぎ目ですが、三味線によっては結合部に金の補強がされていたり、が入っていて、よりしっかりはまるようになっています


  6. もう一方の継ぎ目も外す
    竿は二つの継ぎ目で三分割になります。
    なので、もう一方の継ぎ目も外してあげます。
    ※注意して欲しいポイントです。
    胴側の継ぎ目天神側の継ぎ目のどちらが緩みやすいかは三味線によります。
    胴側の継ぎ目に衝撃を与えた際、天神側の継ぎ目が緩むこともあるので注意してください。
  7. 竿の状態を確認する
    これで、天神側の竿、中間の竿、胴側の竿の三分割になりました。
    天神側の竿
    中間の竿
    胴側の竿折りたたみの三味線ケースに入れる場合、あとは包めばしまうことができます。
    ですが、分離した場合は竿が割れていないか、欠けていないかなどチェックをしてからしましましょう〜
    これで、竿の分割方法に関しては完了です。今回は更に、胴側の竿と胴も分離していきます。

胴と竿を分離する

何故分離するのか??

基本的には、持ち運ぶだけなら三分割でOKです。

ですが今回は胴と竿も分離させます。
何故かというと…飛行機に乗る為なんです。

三味線は本当に精密で、胴の中ほぼ密閉状態だそうです。
その為、飛行機の気圧で中の空気が膨張し、行き場を逃して皮が割けることがごく稀にあるそうです。
そのリスクを避け、より確実に持っていく為、今回竿と胴も分離します。

ポテトチップスの袋を山に持っていくとパンパンになることが三味線でも起こると思ってもらえればOKです。

分離方法

三味線の胴と竿はただキッチリとはまっているだけなので、胴を下に下げるよにして竿が座布団に当たると勢いで緩んで外れます。

  1. 胴かけをはずす
    まずは胴かけを外します。胴かけは紐を解けばすぐに外れます。
  2. 座布団を準備
    分離する際に必要なので、座布団を一枚準備します。
    厚手すぎず、薄手すぎず、そこしヘタったくらいの座布団がちょうど良いです。
  3. 胴の上部を持ち、少し持ち上げます。
    座布団の上に三味線を置き、三味線を座布団に対して垂直に立てます。
    そうしたら竿をまたいで、胴の上部を両手で持ち、持ち上げます。
  4. 敷いた座布団に対してまっすぐ竿の一番下が垂直に当たるように落とします。
    胴の上部を持ったまま、竿の音緒が引っかかっていた部分を座布団に対して垂直に少し勢いをつけておろします。
    これだけで外れます。外れるとこんな感じです。
    本当にただはまっているだけなんです。
    この手順で注意点は、勢い力をかける方向です。
    あくまで胴と竿の結合を解きたいだけなので、胴と竿をがっちり握ってぶつけても意味がありません。串団子や焼き鳥を箸で抜くが如く、スルッと外してあげることが大切なんです。
  5. 全てが外れたら、分解した時専用の入れ物に包めば完成です〜
    また、分解することが多い人は、継手の部分を保護する為の仮継(かりつぎ)という部品を三味線屋さんで作ってもらうと良いようです。
    この部品は、三味線一つずつ継手が異なる為、手作りだそうです。

三味線を分解して

やってみると、三味線をやったことがない私でも意外に簡単だなと感じました。
しかしながら、とても繊細なので気をつけながら時間をかけてでもやるべきことだなと感じました。

また、本来は分解しなくてよいならばそれが一番なので、そこは留意して分解していただけると幸いです〜

三味線の解体方法、こういうのもあるよなどございましたら是非是非ご意見お待ちしております〜皆さんで情報を共有して、より良い三味線ライフを過ごしましょう〜


-----邦楽村からのお知らせ-----
第17回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年11月25日(土) 17:30〜21:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

第18回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年12月16日(土) 13:00〜17:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

和楽器好きの忘年会2017参加者募集中!
日時:2017年12月16日(土) 17:30〜22:00
場所:ふるさと おばこ(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top