邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

道成寺物の集大成!長唄・歌舞伎の京鹿子娘道成寺をご紹介!

本日は歌舞伎・長唄の京鹿子娘道成寺をご紹介します!
読み方は「きょうがのこむすめどうじょうじ」です!

京鹿子娘道成寺とは?

京鹿の子娘道成寺は、1753年(宝暦3年)に江戸中村座の初代中村富十郎が初演した歌舞伎舞いです!
能の「道成寺」を元にした道成寺物というジャンルがあるのですが、
京鹿子娘道成寺はその集大成と言われています!

タイトルは、京都の鹿の子絞りの着物を着た綺麗な娘が、
道成寺物を踊るところから付けられています!

テーマは娘の恋心で、恋する娘の様々な姿を色とりどりの衣裳や小道具で表します!
1時間近くを女方が踊り抜く、女方舞踊の大曲です!

京鹿子娘道成寺ストーリー

白拍子(平安末期に流行した女流舞踊家)の花子が道成寺の鐘供養に訪れた。
鐘供養は女人禁制であったが、舞を披露してもらうことを条件に供養に参加できることとなり、
花子は舞を次々に披露した。
やがて花子は蛇と化し鐘に登り、見栄を切って終わります。

・・・謎のストーリーですね笑
こちら安珍・清姫伝説という別の話がありまして、花子は清姫の怨霊です!

安珍・清姫伝説

紀伊国(和歌山県)にある道成寺に伝わる伝説。
安珍というイケメン僧が、熊野権現への参詣途中に宿泊した家の娘「清姫」に言い寄られた。
安珍は、熊野権現の参詣を済ませたらきっと戻りますと清姫を騙し、そのまま帰ろうとした。
怒り狂った清姫は火を噴く大蛇に化け、安珍を追いかけた。
安珍は川を越え道成寺の鐘の中に隠れたが、ついには清姫に見つかり、鐘ごと焼き尽くされた。

見所

見所は「恋の手習いつい見習いて」から始まるクドキの部分です!
しっとりとした長唄の聴かせどころで、娘の心情を訴えます!

また冒頭の「花の外には松ばかり」「鐘に恨みは数々ござる」も有名なフレーズです!

動画

聞いたか坊主たちのところへ花子が現れるところから、鐘の上で見栄を切るところまで全て入っています!(約1時間)

地歌箏曲の、編曲京鹿子娘道成寺です!

こちらは長唄のみです!

参考:

歌舞伎演目案内 京鹿子娘道成寺
歌舞伎への誘い 京鹿子娘道成寺
安珍と清姫の物語

邦楽村では他にも、長唄・端唄・小唄の記事を掲載しております!

お江戸日本橋
京鹿子娘道成寺
供奴
二人椀久
松の緑


-----邦楽村からのお知らせ-----
第15回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年10月29日(日) 13:00〜17:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

第3回池袋和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年11月4日(土) 13:00〜17:00
場所:上池袋コミュニティーセンター7階和室(JR池袋駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top