邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

津軽五大民謡”あいや節”紹介!独特のテンポと高ツボが気持ちいい!

津軽五大民謡”あいや節”紹介!独特のテンポと高ツボが気持ちいい!

以前津軽三味線の津軽じょんがら節について書きましたので、今日は津軽あいや節について記事にしていこうと思います〜

 

津軽あいや節とは?

津軽あいや節は、津軽五大民謡(じょんがら節・おはら節・よされ節・あいや節・三下り)の1つに数えられている有名な民謡です〜

江戸時代頃に北前船(きたまえぶね)の船乗りたちが、九州地方の「はいや節」という曲を日本中の港に伝えたのがルーツとされています〜(途中新潟県の佐渡ヶ島にも伝わり、そこでは「佐渡おけさ」という名前で歌われていました〜)

「あいや」の語源は、漁師たちが出港する時に大切な「南風」です!南風のことを当時は「はえ」と読んでおり、はえ→はえあ→はえや→はいや→あいやと変化していったようです!

またあいや節はお酒の席で歌われていた、漁師の妻が旦那の帰りを待つ間に踊っていたなどと言われています〜

 

津軽あいや節の魅力

三味線の三拍子のテンポの良さと高音が合わさって、とても楽しい気持ちにさせてくれる曲です〜(基本的に酒盛りの席で演奏されていたそうなので、楽しいメロディなんでしょうね!)

また、歌も魅力的です!「アイヤー」と最初に歌い出されると、体ごと歌い手のほうへ引っ張られます!めちゃくちゃパワーのある曲です!
また節回しもきめ細かく複雑で、ずっと聴いてても全く飽きない曲です〜!

先生からはじょんがら節新節の次に教えてもらった曲なので、非常に重要な曲なのだと勝手に思っています!

 

歌詞

アイヤーアーナー
アイヤー唄が流れる
津軽(又はお国)の唄が
よされじょんから
それもよいやー
あいや節
アイヤアーナー
アイヤー破れ障子に
うぐいす書いて
寒さこらえて
それもよいやー
春を待つ
アイヤアーナー
アイヤー今宵めでたい
花嫁姿
親も見とれて
それもよいやー
うれし泣き

※他にも色々な歌詞があります!

こちら関連動画になります!よかったらご覧になって下さい!
唯一無二!津軽三味線最高の曲”津軽じょんから節”とは
津軽五大民謡”あいや節”紹介!独特のテンポと高ツボが気持ちいい!
“津軽よされ節”紹介!激しくてリズミカルで・・・名曲です!
津軽五大民謡”津軽三下り”紹介!独特のテンポと豪快なスリがカッコいい!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top