邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

妖しい、けど美しい…不思議な魅力の二重奏曲『尺八二重奏曲 第四番』

妖しい、けど美しい…不思議な魅力の二重奏曲『尺八二重奏曲 第四番』

今日は『尺八二重奏曲第四番をご紹介いたします。
二本の尺八が奏でる妖しくも美しい旋律の曲です〜

✏️作曲者✏️

作曲者は人間国宝、初代山本邦山氏です。

数多く尺八の名曲を残し、偉大な活躍をされている尺八会伝説のお方です。
對動は1976年、尺八二重奏曲第3番 對動の発表から5年後、邦山氏が30代後半くらいに作曲された曲です。

♫曲調♫

この曲も第1章~第3章の三部構成になっている曲です。
對動はアップテンポで明るめの曲調でしたが、第四番は二本の尺八のハーモニーが妖しく光るような曲調です。

第1章 〜二本の尺八が冒頭から細かくリズムを刻む章〜

尺八二重奏曲第四番、第1章が一番難しいかもしれません…

出だしからかなり音程の難しい音で、二本の尺八がハーモニーを奏でます。
二本それぞれが独立しながらも重なりあっています。

それでいてなおかつ細かい音が多いです。
中盤にはタタタァ〜ラッタァ〜ラタァ〜ラという感じの箇所がでてくるのですが、伸びつつもキレがあり難しいですが印象的なテンポです。

勢いがあるからこそ、少しのずれが命取りになる…それを教えてくれるのもこの章です。

第2章 〜妖しさ高まりも美しき章〜

第2章はスローテンポ
そのテンポは、揺れ動くような妖しさを持った章です。

この章のスローテンポ、ロングトーンは、尺八の美しさよりも尺八の持つ不思議な音の魅力を推している感じです。
ダウナーすぎず、でも妖しい。妖しさの中にも緩急があり、次はどうなるのだろうとお客さんをゾクゾクさせてくれます。

第3章 〜忍びよる妖しさと尺八の美しさが聴こえる章〜

第2章で妖しさが増したところで、第3章は妖しさが更に徐々に寄ってくるような章です。
章の出だしでは、二人では8分音符を二人で刻みます。
裏拍のパートの人は大変なのですが、これがまた忍び寄る感マックスです。

そこを抜けると、一方が上がり、一方は下がり、押しては寄せる波のような感じで進んでいきます。
メインパートの裏で鳴らすベース音のリフレインがかなり難しく、苦戦します…しかしながらはまった時の感動は一層です。

ジワジワと忍び寄り、最後にガッと上がって潔く終わる締めくくりの章です。

✨難易度✨

難易度は相当高いです。
細かい音に加え、不安定なメリ音が多様されている為です。
そして、メリ音でハーモニーを奏でなければいけないので、音程が微妙にずれただけでもこの絶妙な美しい音でなくなってしまいます。

尺八ってこんな演奏もできるんだ!!それを教えてくれる一曲

尺八二重奏曲第四番、妖しくも尺八の魅力がたくさん詰まった名曲です。
他の曲にはない不思議な魅力があります。

レベルの高さゆえ、敬遠されやすいのかもしれませんが、取り組むことで尺八の新たな魅力に演奏者もお客さんも気づける素敵な曲です。
今までにないものをやりたい方は取り組んでみてはいかがでしょうか。

それでは、楽しい和楽器ライフをお過ごしくださいませ〜

邦楽村では、他にもたくさんの現代邦楽を紹介しています!
ぜひご覧ください!

池上眞吾 夏色のアダージョ/PURE BOY〜さよならの夏〜
石井由希子 海鳴り/いざない
江戸信吾 証城寺のスケルツォ
川崎絵都夫 花織
菊重精峰 竹紫絃明
笹本武志 招春賦
中能島欣一 さらし幻想曲
野村正峰 春景八章
福田蘭童 笛吹童子のテーマ/利根の舟唄/月草の夢/ねずみ車
藤井凡大 二つの個性
水川寿也 トワイライト・セイリング/アクシス/無限流/残光の彼方へ
三塚幸彦 Longing/Love
山本真山 尺八協奏曲
山本邦山 壱越/尺八二重奏曲第四番/對動
吉崎克彦 哀歌/雪月花によせて/三色のダイアローグ


-----邦楽村からのお知らせ-----
第18回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年12月16日(土) 13:00〜17:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

和楽器好きの忘年会2017参加者募集中!
日時:2017年12月16日(土) 17:30〜22:00
場所:ふるさと おばこ(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

2018年新春 池袋和楽器もくもく会"箏と竹と琵琶と地歌三味線"参加者募集中!
日時:2018年1月8日(月・祝) 11:00〜17:00
場所:池袋本町第二区民集会室 会議室2階
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top