邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

作曲ソフト「Muse Score」で音符を尺八譜(ロツレチリ)に簡単変換!!

五線譜に尺八のロツレチリが簡単に変換できたらなぁ〜
なんて思ったことはありませんか?

その願い、楽譜作成ソフトMuseScoreMuseScoreの尺八用プラグインShakuhachiNotationがあれば叶えられます!!

こんな風にロツレチリを表示したり

八寸と六寸を並べて表示することも!!

運指を表示することも可能です!!

このソフトとプラグインを使えば色々なことができます!!
本日はダウンロード、インストール方法や簡単な使い方をご紹介します〜

Muse Scoreとは

フリーで配布されている楽曲作成ソフトです。
フリーとは思えないほど、搭載されている機能は豊富です。
独自の操作も多い為、使い慣れるまで若干時間がかかりますが、フリーの楽曲作成ソフトの中では群を抜いています。

Shakihachi Notation

五線譜の音階を、尺八用の音符であるロツレチリに変換してくれるMuseScore専用のプラグイン(追加機能)です。
ダウンロードして、プラグインとして追加することで機能を利用できます。

学生時代からお世話になっている機能ですが、かなり便利です!!

手順

Muse Scoreをインストール

MuseScoreはこちらよりダウンロードできます。
赤枠のダウンロード押せばダウンロード開始です。
Windowsではexeファイル、Macではdmgファイルでダウンロードされます。
ダウンロード完了後のインスールは、各PCの指示に従いインストールしてください。

現在配布されているMuse Score はver2ですが、今回ご紹介する尺八用プラグインは、ver1.3対応版とver2.0対応版がありますので注意が必要です。
過去のバージョンをダウンロードする場合は以下よりダウンロードください。
基本的には最新のバージョンを使用することをお勧めします。

  • MuseScore Ver1.3のダウンロードはこちら
  • MuseScore Ver2.0のダウンロードはこちら

次は今回のメインである、尺八変換に必要なプラグインをダウンロードしましょう!!!

Muse Score尺八プラグインをダウンロード

尺八プラグインを製作者様のサイトよりダウンロードします。
ダウンロードするものはご使用しているMuseScoreのバージョンに合ったものをダウンロードしてください。

  • MuseScore Ver1.3までに対応したプラグインはこちら
  • MuseScore Ver2.0に対応したプラグインはこちら
  1. ページ上部の以下からプラグインのファイルがダウンロードできます。
  2. クリックして開くとダウンロードできないので、右クリックして保存します。
  3. サイトにも注意書きがありますが、保存の際はファイルの拡張子(形式)がQMLファイルであることを確認してください。

プラグインを配置する

ダウンロードしたプラグインを適切な場所に配置する必要があります。
配置場所に関してはOSによって異なるので注意してください。

  • Windows
    バージョンによって置き場が若干異なる為、注意してください。
    詳しくはMuseScoreのプラグインページをご確認ください。
  • Mac
    ~/Library/Application Support/MusE/MuseScore/plugins
    ※Macに関しては、このフォルダが見つからない場合があります。
    その場合はFinderでMuseScore2と検索してしまった方が早いです。

必要なフォントファイルをダウンロードする

ロツレチリを始めとする尺八の音階を表示するのに必要なフォントファイルもダウンロードする必要があります。
ページ上部の以下からフォントファイルをダウンロードできます。(こちらは左クリックでダウンロード可能)使わないものはいらないようですが、必要になっていちいちダウンロードしにいくのも大変なので、全てダウンロードすることをお勧めします。

フォントのインストール

フォントはダウンロードした後、インストールしてください。
OSによりインストール手順が異なります。

  • Windows

Windowsの場合は、バージョンによってインストール方法が異なるので、注意してください。
インストール方法はアドビサポート フォントのインストール(Windows 10/8/7/Vista)を参考にしてください。

  • Mac
  1. ダウンロードしたフォントファイルをクリックします
  2. インストールダイアログが開くので、右下のフォントをインストールをクリックします
  3. インストール後(ユーザー定義のフォントにインストールしたものが追加されます)

プラグインを有効化する

ここまでの手順でほぼ作業は完了です。
しかし、プラグインを配置しただけで、まだ有効化されていないので、使用するためにプラグインを有効化する必要があります。

  1. MuseScoreを開きます
  2. 上部のメニューバーの[プラグイン]を選択し[プラグインマネージャー]を開きます
  3. 初期設定では“Shakuhachi_Notation_v2_02”にチェックが入っていないので、チェックを入れ右下[OK] をクリックします。
  4. これでプラグインの有効化は完了です

使ってみる

実際に使ってみたいと思います!!
MuseScoreで記入方法などはハンドブックを見ると早いです〜

  1. 音符を入力します
  2. 上部のメニューから、プラグイン”Shakuhachi Notation”を選択します
  3. 表示方法設定のダイアログが出てくるので、必要に応じて変更します
    設定に問題がなければOkを押します
  4. 楽譜に設定した尺八用記号が表示されます。完了!!

設定を変えると…

今回ダウンロードしているフォントの中に”ShakuhachiFingeringTozan”というものがあります。
これは、運指をのフォントです。
これを表示するように設定すると、

  1. プラグインのフォント設定で”Fingering”または”Tozan + Fongering”を選択し、Okを押します
    (Fingeringは運指のみ、Tozan + Fongeringはロツレチリ+運指で表示)
  2. 楽譜上に運指が表示されます(画像はTozan + Fongering)

他にも表示位置を変えて八寸と六寸を表示することも可能です。

  1. 八寸の記号はあらかじめ表示しておく
  2. 設定で”Shakuhachi Length”を”16″に変更
  3. 表示位置を尺八の下にする為、”Y(Tale)Potision”を”5″に変更(値が大きいほど下にずれます)
  4. 設定に問題がなければOKを押します
  5. 八寸と六寸が綺麗に表示されます〜

もっと知りたいという方はプラグイン製作者様のサイトのプラグインのページをご利用くださいませ〜
やはり、とても丁寧にわかりやすく解説されています。

簡単にできて素晴らしい

あくまで五線譜にロツレチリが振られただけですが、これだけでも演奏したり、尺八譜を書くのに大いに役に立つかと思います〜

何が良いって、やはり簡単に変換してくれるところですね。
ピアノやっていた人とかだと、頭の中で変換してその場で吹けたりしますが、そうじゃない人も多いです。
そんな中、このプラグインがあれば、一々確認せずに変換してくれますから、作業スピートが格段に上がりますね。

昨年からずっと紹介しようと思っていて、ようやく紹介できました〜
これで譜面作成とかにチャレンジしようとする人が増えてくれたら嬉しいです。
また、このプラグインは篠笛・箏バージョンもあるので、そちらもまたご紹介したいと思います。(導入は基本的に一緒です)

参考サイト


-----お知らせ-----
第11回和楽器もくもく会参加者募集中!
邦楽村で毎月開催している、和楽器愛好家の交流会です!
日時:2017年5月27日(土) 17:30〜21:00
場所:東京都の千駄木交流館
定員:10名
詳細・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top