邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

【動画あり】石井由希子作曲”いざない”紹介!繊細でドラマチックで、超オススメです!

今回は、石井由希子さん作曲の「いざない」という曲をご紹介します!

邦楽の世界に皆様を誘(いざな)いたいとの思いを込めて書かれた作品で、石井由希子さんらしい、実にドラマチックな1曲です!

ずっと前に友達が演奏会で出すと言っていてなんとなく覚えてたのですが、曲を聴いて一発で好きになりました!

編成は箏独奏・尺八独奏・箏2・十七弦1・尺八2となります!

 

 

〜序〜 邦楽の世界へいざなうオープニング

こちらのサイト(千葉邦楽合奏団)によると、この「いざない」という曲は「序・急・緩・急」と、大きく4つに分けられます!
恐らく序盤の尺八ソロが序、筝が入ってくる部分から2回目尺八ソロ直前までが急、2回目の尺八ソロから箏ソロ手前までが緩、箏ソロから最後までが急、だと思います(たぶん・・・)

序の尺八ソロでいきなり心を持っていかれ、まさにこの曲の世界へ、邦楽の世界へといざなわれます!
箏へリレーされる部分で更に曲に引き込まれ、期待が高まります!

とても好きなオープニングです!

〜急〜 繊細な演奏、重厚なアンサンブル

まず最初に、メロディーが箏の繊細な音によく合っているなと思いました!
和楽器の繊細さが伝わってきます!

また、箏同士・尺八同士のハーモニー、全体のアンサンブルが素晴らしいです!
やっぱり箏・尺八の独奏に耳を持っていかれてしまうのですが、独奏を支え盛り上げているパートにも注目です!
どんどん曲が厚く濃くなっていきます〜

〜緩〜 聴かせる尺八、やさしい雰囲気

急で盛り上がった曲を、尺八ソロで一旦緩め、ソロの中で再び盛り上げます!
ムラ息がかっこよく、聴き入ってしまいます〜

急と急の間の章ということで、雰囲気は他の章と似ているのですが、手はそこまで細かくなく、どこかやさしい感じです〜

〜急〜 最高の箏ソロ、感動のフィナーレ

この箏ソロを演奏できる人は、そうそう居ないのでは・・・
手が細かく、強弱や間の取り方など表現力も求められて、しかもかなり長い・・・
上の動画の樹本佳音里さんの演奏が正確無比で、なおかつ味わい深くて、これはもう尊敬の念を禁じえません・・・

正直ここまでで充分満足なのですが、終局に向かって、今まで以上に更に繊細で盛り上がる演奏がなされます!
箏・尺八が協力して曲を盛り上げます!ワッショイ!ワッショイ!
ここまで感動的な曲は、ちょっと他にはないです〜

いざない、オススメです!

いつか舞台で生で聴いてみたいな〜・・・
でもこんな演奏を生で聴いたら、泣いちゃうかもしれないですね

というわけで、石井由希子さん作曲のいざないは、めちゃくちゃオススメです!
この曲を演奏曲に選ぶ人は、純粋にセンスが良いなと思います!

難易度は、特に各パートのソロが激難だと思いますが・・・一生に一度くらいは挑戦してみたいですね!

以上、いざないの紹介でした〜

邦楽村では他にも現代邦楽の紹介をしております!よかったらご覧下さい!

池上眞吾 夏色のアダージョ
石井由希子 海鳴り/いざない
江戸信吾 証城寺のスケルツォ
川崎絵都夫 花織
菊重精峰 竹紫絃明
笹本武志 招春賦
中能島欣一 さらし幻想曲
水川寿也 トワイライト・セイリング/アクシス/無限流/残光の彼方へ
山本真山 尺八協奏曲
山本邦山 壱越
吉崎克彦 哀歌/雪月花によせて
/三色のダイアローグ

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top