邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

東京の夏はこの曲「東京音頭」を踊ろう!!

東京の夏はこの曲「東京音頭」を踊ろう!!

盆踊りシーズン真っ只中、東京の盆踊りといえばやはり外せないのはこの曲

東京音頭

東京音頭も、踊るし打つけど、改めて言われると知らないことだらけでした。ということで今日は東京音頭を紹介しちゃいます!!

曲の成り立ち

東京音頭は元々、丸の内音頭という曲が原曲になっていて、丸の内音頭は日比谷公園での盆踊り大会で踊られていたそうです。
この盆踊りは日比谷百貨店の広告だったそうで、そこで浴衣を買わないと参加できなかったとのことらしいですよ。
この丸の内音頭は日比谷周辺の地名が使われていた為、そこに東京の他の地名を盛り込み、東京の曲としてそうです〜

音頭系は原曲からの派生が多いですが、広告の盆踊りで使われていた曲をリメイクして売り出すというのは、目の付け所がすごいですね〜

1933年にレコード化され、枚数は定かではないですが、1971年時にはおよそ2000万枚以上売り出したであろうという爆発的ヒット!!2000万枚ってすごい…

特徴

鹿児島おはら節の前弾きを引用してるのが特徴とのこと。
聞いてみると、おぉ〜〜〜、確かに一緒だ!!今まであまり気にしなかったけど、一緒です
確かに、盆踊りで流れる時に一瞬「んっ」ってなる気がします

当時の流行だったのでしょうか?
他にも探したら同じ前弾きの曲とかありそうです

 

個人的にここが好き

東京音頭の歌詞からは、東京の風景や粋な様子がわかり、いいですね〜

ハァ 花は上野よ チョイト
柳は銀座 ヨイヨイ
月は隅田の 月は隅田の屋形船

この歌詞からは、それぞれの特徴がよく出ていて面白くて好きです。
月は墨田というのが非常にです。確かに屋形船から月を眺めたらキレイでしょうね〜

でも、なぜ柳は銀座なのですかね?花は上野、なんとなく上野は桜とかもありますし、池とかもあるのでそんな感じはしますが…

調べてみると、柳は銀座を象徴する樹木なんですね!!
明治に入り、銀座に桜や松などを最初は植えたそうですが、水位が高く枯れてしまった為、柳を植えたそうです。それが定着し、銀座=柳となったそうです。関東大震災で焼失するも再度植えたり、一時期はイチョウを植えていたそうですが、やはり柳に戻ってきてということらしいです。なるほど!!

象徴するだけあって、銀座では柳祭りというお祭りが5月頃に開催されているのですね。知らなかった…

 応援歌としても使われている東京音頭

東京音頭は、東京ヤクルトスワローズやFC東京の応援歌にもなってます。
まさに東京を代表する音頭ですね〜

今まで知ってるようで知らなかった東京音頭、面白い背景を色々と持っているんですね〜
人が行き交う東京らしい、色々な要素が融合した曲って感じです

ビバ・東京音頭!!

参考・引用

邦楽村では他にも津軽・民謡曲を紹介しています!
ぜひご覧ください!

津軽じょんから節
津軽あいや節
津軽よされ節
津軽おはら節
津軽三下り
十三の砂山
ソーラン節
こきりこ節
東京音頭
炭鉱節
ホームラン音頭
長持唄
道南口説
花笠音頭
津軽タント節
津軽甚句
津軽山唄


-----邦楽村からのお知らせ-----
第17回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年11月25日(土) 17:30〜21:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

第18回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年12月16日(土) 13:00〜17:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

和楽器好きの忘年会2017参加者募集中!
日時:2017年12月16日(土) 17:30〜22:00
場所:ふるさと おばこ(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top