邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

盆踊りの名曲、炭坑節をご紹介!!

盆踊りの名曲、炭坑節をご紹介!!

7月はお祭りシーズンということで、盆踊りなどでも耳にすることの多いこの曲をご紹介いたします。

月が〜出ぇ〜た出ぇ〜たぁ〜、月がぁ〜あ出たぁ〜、あヨイヨイ

のフレーズでおなじみの曲、炭坑節です!!

私自身もお祭りで良く打ちますが、思い返してみれば炭鉱の唄ということくらいしかしらず、あまりバックボーンを気にしたことがなかったですね

炭坑節とは

もともとは炭鉱労働者によって唄われた民謡で、「月が出た出た月が出た、ヨイヨイ」のフレーズで知られる。もともとは盆踊り唄ではなかったものの、戦後全国的に流行してからは伝統的な盆口説などにとってかわって盆踊り唄として唄われるようになり、現在では盆踊りの最もスタンダードな楽曲として全国に広く浸透している。
この曲は、元々は春歌だったともいわれる。

Wikipedia 炭坑節 より

炭坑節の発祥

炭坑節は福岡県の民謡で、福岡県田川市が発祥と言われています。

ホルモン鍋がご当地グルメだそうで、炭鉱の町ということで、ホルモン鍋は栄養価や値段などの面から最適だったそうです!!やはり炭坑節の発祥地だけあって、炭鉱に関わるものなんですね〜
他にもパプリカや金川牛なども名産みたいです。パプリカいいですね〜

田川町の詳しい特産はCity!Doさんのサイトをどうぞ

歌詞の意味

炭坑で歌われていた歌ということで、炭鉱のイメージがありますが、元々が春歌ということで、情愛を意味する部分などが多いです。

月が出た出た 月が出た(ヨイヨイ)
三池炭坑の 上に出た
あまり煙突が 高いので
さぞやお月さん けむたかろ(サノヨイヨイ)

あなたがその気で 云うのなら(ヨイヨイ)
思い切ります 別れます
もとの娘の 十八に
返してくれたら 別れます(サノヨイヨイ)

一山 二山 三山 越え(ヨイヨイ)
奥に咲いたる 八重つばき
なんぼ色よく 咲いたとて
サマちゃんが通わにゃ 仇の花(サノヨイヨイ)

晴れて添う日が 来るまでは(ヨイヨイ)
心一つ 身は二つ
離れ離れの 切なさに
夢でサマちゃんと 語りたい(サノヨイヨイ)

世界の民謡・童謡 炭坑節より

確かに、改めて歌詞をみると一番以外はあんまり炭鉱のことでてきてないですね…

しかし、ここで出てきている歌詞も定かではないみたいです。確かに、地元で炭坑節を踊る時は「ダイヤモンドが欲しいなら(ヨイヨイ)」というフレーズが入っているものを使っています。

全国に広まるうちに色々変化して行ったのでしょうか?不思議です。

色々な種類がある

元々は労働歌として歌われていた炭坑節は、労働の種類や場所によって色々な唄があったそうです。

  • ゴットン節
  • 石刀唄
  • 南蛮唄
  • 選炭唄
  • 座敷唄

今一般的に広まっているものは座敷唄が戦前にレコード化されたものが広まったとのことなので、座敷唄のものがほとんどみたいですね〜ですが、各地方の年配の方は座敷唄ではない炭坑節も歌えるらしいです。

 

改めて調べてみると、やっぱり新発見が色々ありますね〜こういった部分に触れ、歴史を感じながら演奏したり踊ったりというのも非常に楽しいものですね!!せっかくなので、他の盆踊りの曲も調べてみようかな〜と思います〜

引用・参考文献など

邦楽村では他にも津軽・民謡曲を紹介しています!
ぜひご覧ください!

津軽じょんから節
津軽あいや節
津軽よされ節
津軽おはら節
津軽三下り
十三の砂山
ソーラン節
こきりこ節
東京音頭
炭鉱節
ホームラン音頭
長持唄
道南口説
花笠音頭
津軽タント節
津軽甚句
津軽山唄


-----邦楽村からのお知らせ-----
第15回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年10月29日(日) 13:00〜17:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

第3回池袋和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年11月4日(土) 13:00〜17:00
場所:上池袋コミュニティーセンター7階和室(JR池袋駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top