邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

尺八の素晴らしさを凝縮した、高難度の尺八大合奏の名曲『竹の群像』

今日は尺八の大合奏で度々演奏される名曲である竹の群像を紹介いたします。

✏️ 作曲者 ✏️

作曲者は人間国宝、初代山本邦山氏です。
数多く尺八の名曲を残し、偉大な活躍をされている尺八会伝説の方です。

作曲は1983年、山本邦山氏が40代中頃に作曲された曲です。

📖 構成 📖

  • パート :9パート(尺八)
  • 演奏時間:15分前後

♫ 曲調 ♫

基本的にはゆったりと緩やかに揺れるような曲調です。

ゆったりした曲調の中に、抽象的で輪郭がはっきりしないような不思議な妖しさがあります。
その妖しさの中に”尺八の音の美しさ”が表現されています。

尺八二重奏曲などの疾走感・ハッキリ・明白とは異なったコンセプトを持っている曲です。

この曲調は、曲名にもある“群像”という言葉と大きく関わっている印象です。
ちなみに、群像とは以下のような意味を持っています。

  1. 多くの人々の姿。「青春群像」
  2. 絵画・彫刻で、人物の集合的構成により、集団的な意志や精神状況を表現したもの。

goo 国語辞書「群像」より

人が集まり、集団をなす様子を表しているわけです。

多くの人が存在しその人々が集団を成しているから、その輪郭は複雑になる。
だからこそ抽象的な印象となり、それを曲で表しているのではないかと思います。

しかし、抽象的だからこそ時折のぞく個人のしっかりした輪郭が引き立つ瞬間があります。
独奏パートはもちろんのこと、曲をよく聞くと、各パートにもしっかりと形があることが伝わってきます。

竹林を見た時に、一本ではなく全体に目が行きその風景に魅せられ、全体を堪能した後よく見ると個々の竹に様々な個性があることに気づき感動する。
そんな印象を受けます。

全体と個人が絶妙に引き立つ一曲です。

難易度

尺八大合奏曲の中では上位に位置する難易度です。

全体的にピッチが怪しくなる音が頻繁に登場する為、音を合わせるだけでも難しいです。
緩やかなテンポの為、勢いでなんとなく合わせるわけにも行かないので、リズム感なども要求されます。
また、パートの多さから、全体的なバランスを整えたりという点でも高いレベルを要求されます。

これらの点から、演奏難易度が高めといった感じです。

 

しかし、難易度の高さだけあって演奏の迫力や観客へ伝わるものの大きさは絶大です。

尺八の不安定な音の中にある響き、竹の暖かな音色、時折のぞかせる鋭さや息遣い、尺八の良さを余すことなく伝えてくれます。

個人のレベルと団体のレベルをお客さんにしっかりと届けてくれる素晴らしい難易度でもあるんです。

 

竹の群像、妖しくも荘厳…共に過ごした仲間と演奏してほしい一曲

一人だけレベルが高くても成り立たない、しかし全体のレベルも求められる曲、それが竹の群像です。
部活動やサークル、グループなど、長い時間を過ごし連携を磨いた仲間と共に演奏するにふさわしいのではと思います。

ハードルは高いですが、色んな団体さんに是非演奏してほしいオススメの曲です。

竹の群像、是非チャレンジして見てはいかがでしょうか!!

引用

他の曲紹介記事

邦楽村では、他にもたくさんの現代邦楽を紹介しています!
ぜひご覧ください!

池上眞吾 夏色のアダージョ/PURE BOY〜さよならの夏〜
石井由希子 海鳴り/いざない
江戸信吾 証城寺のスケルツォ
川崎絵都夫 花織
菊重精峰 竹紫絃明
笹本武志 招春賦
中能島欣一 さらし幻想曲
野村正峰 春景八章
福田蘭童 笛吹童子のテーマ/利根の舟唄/月草の夢/ねずみ車
藤井凡大 二つの個性
水川寿也 トワイライト・セイリング/アクシス/無限流/残光の彼方へ
三塚幸彦 Longing/Love
山本真山 尺八協奏曲
山本邦山 壱越/尺八二重奏曲第四番/對動
吉崎克彦 哀歌/雪月花によせて/三色のダイアローグ


-----邦楽村からのお知らせ-----
第15回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年10月29日(日) 13:00〜17:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

第3回池袋和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年11月4日(土) 13:00〜17:00
場所:上池袋コミュニティーセンター7階和室(JR池袋駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top