邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

吉崎克彦作曲「GRADATION 風の彩」を紹介!!演奏の数だけ色の数が見える名曲です。

本日は、吉崎克彦先生作曲のGRADATION 風の彩を紹介いたします〜

 

移りゆく箏の音色が曲名の通り、刻々と変化するグラデーションのような美しい音色の曲です。

作曲者

作曲者は吉崎克彦先生です。
雪月花によせて」や「童夢」などの曲を始めとし、100曲を超える曲を作曲されている先生です。
面白い曲から美しい曲、カッコ良い曲まで本当になんでも作曲されています!!

構成

  • パート:箏2・十七絃1・尺八1
  • 演奏時間:7~8分前後

曲調・特徴

グラデーションという曲名を、様々に変化する箏の美しい音色で表現しているかのような曲です。
ゆったりとした出だしから始まり、荒々しさを感じるフレーズや疾走感溢れるなど様々な曲調が詰まっています。

メインメロディの一つである、「ジャジャジャン、ジャジャジャン、ジャジャジャジャン」という部分は心がワクワクするような気持ちになれて、この曲で好きな部分の一つでもあります。

また、GRADATIONは尺八がある場合と、尺八がない場合曲の色がガラッと変わるのも特徴です。

楽器のあるなしなので、曲の雰囲気が変わるといえば当たり前なのですが、この曲は特に印象が変わります。

箏と十七絃だけの場合は、弦楽器の美しさが際立ち、その中で流れる様子や激しさが聞こえてきます。
しっとりと空間に広がるという印象です。

尺八がいる場合は、演奏に迫力が増すという感じです。
尺八独特の空気に振動する響が演奏を押し出します。グワっと音が前へ迫るような印象です。

構成が変わると曲の印象は変わりますが、GRADATIONはどちらのパターンも色がよく出ておりとても面白いです。
尺八あり、なしバージョンを聴き比べてみてください。

GRADATION…色々な方の演奏が聴きたくなる、そんな一曲です!!

GRADATION…演奏者ごとに、静かな部分や荒々しい部分の色の違いがよく見える曲です。

この記事を書くにあたっても、今まで以上に様々なGRADATIONの演奏動画を見ました。
どの演奏もとても美しく輝いていて素晴らしかったです。

最小人数でも合奏も大人数での合奏も楽しめる、とても良い曲だなと思います。
そして、この曲に登場する様々な音はお客さんだけでなく、演奏者も楽しませてくれるます。
自然と引き込まれる、そんな魅力を持った一曲です。

是非、演奏してみてはいかがでしょうか〜

 


-----邦楽村からのお知らせ-----
第18回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年12月16日(土) 13:00〜17:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

和楽器好きの忘年会2017参加者募集中!
日時:2017年12月16日(土) 17:30〜22:00
場所:ふるさと おばこ(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

2018年新春 池袋和楽器もくもく会"箏と竹と琵琶と地歌三味線"参加者募集中!
日時:2018年1月8日(月・祝) 11:00〜17:00
場所:池袋本町第二区民集会室 会議室2階
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top