邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

和楽器の楽譜もGVIDOで見やすく電子化!!

和楽器の楽譜もGVIDOで見やすく電子化!!

先日からFacebookなどでちょくちょく見かけるGVIDOについて調べてみました〜

GVIDOとは何か?

2画面電子ペーパー楽譜専用端末です

つまりは、見開きできる電気の楽譜ですね
iPadなどでも楽譜を見ることは可能ですが、GVIDOは楽譜に特化した端末であり、最適ということです

https://m.youtube.com/watch?v=209Y6cspMAA%3Frel%3D0&showinfo=0

ちなみに、グヴィドではなくグウィドと読むらしいです!!

電子ペーパーって何?

簡単に言えば、紙っぽい電子機器の画面ってことです。紙の良さを画面に応用したよーって感じです
一般的には、以下のような利点があるみたいです

  • 高い視認性
    紙と同じように反射光を利用して表示を行うため、視野角が広く直射日光に当たっても見易く、目に対する負担が少ない。暗所では別に照明が必要になる。
    ⇨iPhoneやiPadをはじめとする機器は、日中や陽射しの下や、屋内の電気が強く当たる場所だと反射して画面が見えませんよね。しかし、電子ペーパーであれば、紙と同じようにそういった場所でも視認しやすいというわけです。逆に、暗所では見え辛いというのが難点です。
  • 低消費電力
    表示中に電力を消費しないか、又は極小で済む。書き換え時の消費電力も非常に少ない。
    ⇨タブレットで楽譜を見る際に気になるのは消費電力です。画面の明るさなどによって消費電力は異なりますし、電池残量が少ない時は持つかどうかも不安です…ですが、電子ペーパーなら消費電力が低いので大体の場合は持つでしょう!!急速充電した場合も、急速で溜めたものでもまかない切れるわけですから、安心ですね〜
  • 薄くフレキシブル
    紙のように薄く作ることができる。表示基板にプラスチック・フィルムを使えば曲げても品質を損なわずに表示できるが、製品としては未発売。
    ⇨これに関しては、一見ふーんくらいですが、やはり薄くできるというのは大きな利点ですね。薄ければかさばらず、持ち運びも楽です。また、フレキシブルであれば、持ち運びでカバンがギュウギュウだったりしてももつわけです!!んーーー、荷物が多い人間にはありがたい話ですね〜

Wikipedia 電子ペーパー より

GVIDOの良さそうなところ

電子ペーパーということで、電子ペーパーの特徴である、視認性や省電力、薄さなどは当たり前のように備えていますが、GVIDOは楽譜専用の端末だけあって、ほかにも良さそうなところが多いですね

image

  • 楽譜とほぼ一緒の大きさ
    開発元のテラダ・ミュージック・スコアによると、13.3型のディスプレイで、楽譜のサイズとほぼ一緒のこと。持った時のサイズ感が変わらないのは大切です!!さらに、試作機は使用時で幅 480mm、高さ 310mm、厚さ 5.9mm、 重さ約 650gというサイズ感らしいです!!650gを重いと見るか軽いと見るか難しいところですが、譜面台に載せるなら、適度な重さがあったほうが逆に安定していいかもしれません
  • 書き込みもできる
    当たり前の機能と言えば機能ですが、もちろん楽譜に書き込みができるそうです。書き込みのペンはスマホ・タブレット用のペンを開発しているワコムの技術を採用し、まるで紙に書いている質感だそうです。電子機器用のペンって書きづらかったりするので、どこまで書きやすいかが非常に気になるところですね〜
  • 見開き時に違和感がない
    写真を見てもわかるように、見開きの際の違和感が少なくていいですね〜あくまで自然に紙の楽譜を開いた感じをイメージされていてグッドですね

GVIDOのちょっと気になる点

  • お値段が結構高い?
    予想価格は、大体のiPad Proと同じく、12-3万円前後とのこと。プロや大学で利用されるならいいですが、アマチュアが買うには少しお高いですね…
  • 画面のフレームが厚め
    最近のフレームが薄いスマホやタブレットに見慣れているせいか、若干フレームが厚めな印象を受けますね。すごい気になると言う程ではないですが、人によってはこの厚みは好みが分かれそうです
  • 単色の電子ペーパー
    最近では、カラーの電子ペーパーも発表されています。楽譜という機能を考えれば、単色の電子ペーパーでも構わないですが、書き込みできるのであれば、カラーの電子ペーパーで、複数色書き込みなどが可能だと、幅が広がりそうですね。ただ、消費電力との兼ね合いになりそうなので、通常単色、特別版カラーのような別枠販売だと面白いですね!!

色々と興味深いGVIDO、発売は2017年とまだ少し先とのこと。ここからどのようなブラッシュアップされるかが楽しみです
気になるGVIDOの公式HPはこちら

GVIDOに、先日記事にしたスピーカー、気になる商品が多くて困りますね。果たして持つのか財布(持たない!!)


-----邦楽村からのお知らせ-----
第15回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年10月29日(日) 13:00〜17:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

第3回池袋和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年11月4日(土) 13:00〜17:00
場所:上池袋コミュニティーセンター7階和室(JR池袋駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top