邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

世界規模の三味線コミュニティ!Bachido代表 Kyle Abbott(カイル)【邦楽村インタビューvol.3】

第3回邦楽村インタビューは、
カリフォルニアでBachidoという国際三味線協会を運営している
Kyle Abbott(以下カイル)さんです!(Bachido公式HP)

第1回邦楽村インタビューにご協力頂いたなつみゆずさんに紹介して頂きました!
ありがとうございます!

日本の粋と風流を歌うシンガーソングライター”なつみゆず”【邦楽村インタビューvol.1】

カイルさんは10月に邦楽村で開催した和楽器もくもく会にも参加して下さいました!

居酒屋おばこにて

和楽器もくもく会での一コマ

インタビューではBachidoを設立したきっかけや今後の夢などをお伺いしました!
それではどうぞ!

 

ー 邦楽村インタビューへのご協力ありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

Kyle Abbottです。
よろしくお願いします!

ー はじめに、カイルさんが三味線と出会ったきっかけはなんだったのでしょうか?

私の父が人間国宝の山口五郎さんに尺八を習っていまして、家で毎日尺八を吹いていました。
私は父の演奏する尺八を勉強するためよくテープを聞いていました。
そのテープには尺八の音の他に、お箏や三味線の音も入っていました。
「三味線をやってみましょう」と、父が私に勧めてくれました。
父の友人の奥さんから使っていない細棹三味線を借りて、私は三味線をスタートしました。

ー 最初は津軽三味線ではなかったのですね。

はい。
津軽三味線に興味を持ったのは15歳の時です。
しかし新品の津軽三味線は高くて購入することが出来ず、そのことを父に相談したところ、
「自分で三味線を作ってみたらどうだい?」と提案してくれました!
さっそく近所に住んでいた津軽三味線プレイヤーのケビン・メッツさんに
実物の津軽三味線を見せてもらい、津軽三味線制作がスタートしました。

三味線を自作するカイルさん

ー 三味線を自作・・・!とても面白い発想です。
今お持ちになっている三味線も自作だそうですね。

三味線の自作をはじめてからこれで6棹目の三味線になります!6棹目の三味線歴代カイルさん自作の三味線たち

今使っている三味線は、棹の部分にスネークウッドという木材を使いました。
棹の背面は、握りやすいように通常の三味線よりシャープな形にしました。
糸巻きはクリスタル製で、べっ甲模様を施しています。
皮はブラックカラーに染め上げた合成繊維のリプルを使っています。
このように、伝統的な三味線に数々のオリジナリティーを取り入れていきました。

ー 従来の三味線とは異なる、唯一無二の三味線ですね。
少し話は逸れますが・・・カイルさんは三味線以外に、日本の好きなものはありますか?

日本は食事がとても美味しくて・・・そこがとても素晴らしいです!
特に大好きなのがスープカレーで、日本へ訪れた時には必ず食べて帰ります。
オススメは札幌にあるHot Spiceです。
ぜひ一度食べてみて下さい!

また、空手も好きでよくやっていました。
15歳から始めましたが、三味線を続ける上で手首を大事にする必要があるため、
21歳のBachido設立の年に空手を辞めました。
空手は今でも大好きです!

ー 続いて、カイルさんの設立したBachidoについて教えて下さい。

Bachidoは、世界初の国際三味線協会です。
設立してから6年が経ち、現在会員数は約2200名となりました。
BachidoのWebサイトでは、三味線の部位や素材などの解説や三味線の歴史などの情報を発信しています。
また、津軽三味線のビデオレッスンや商品の販売なども行っています。
オフラインでの活動もしていまして、ShamiCampという津軽三味線のワークショップを行っています。
今年(2017年)開催したShamiCamp : Tokyo 2017で第4回目となります。
(第1回東京・第2回カリフォルニア・第3回ベルリン)
ShamiCamp : Tokyo 2017

ー Bachidoを設立したきっかけはなんだったのでしょうか?

2009年に津軽三味線を自作してきた経験を
Shamisen of Japan
という書籍にアウトプットしました。
私の三味線制作の経験を余すことなく盛り込んだこの本は、
世界中でとても反響がありました!
しかしこの本を購入した、三味線に強い興味を持つ人同士が交流することはありません。
そのことがとても勿体なく感じられ、
三味線プレーヤーのコミュニティーを作りたい
という想いを抱くようになりました。
そのような経緯で、2011年にBachidoを設立しました。

ー 今後Bachidoをどのような組織にしていきたいですか?

ありがたいことに、ビデオレッスン・三味線ショップ・ワークショップなど
自分の夢はある程度実現できました。
次はBachidoをカリフォルニアのNPO法人にすることを考えています。
Bachidoで世界中を駆け回っているとやはりお金がとてもかかります。
そうした時NPOだと助成金の申請がとても行いやすくなるためです。
また個人で運営している組織だと、活動が制限されてしまう場面が多々あるのも理由です。

NPO法人化の後はBachidoのインターネットコミュニティをより広げていき、
日本など各国に支部を作っていきたい
です。

ー ありがとうございました。最後に告知などありましたらお願いします。

国際三味線協会Bachidoは現在も会員募集中です!
三味線の情報やビデオレッスン、ショップやCommunity(掲示板)での交流など
津軽三味線好きに役立つ情報が満載です。
入会方法はWebサイトでメールアドレスを登録するだけ、登録料は一切かかりません。
またBachidoのことなどで質問のある方は私のメールアドレスへご連絡下さい!

kyle@bachido.com

ー ありがとうございました。
国際津軽三味線協会Bachido代表のKyle Abbottさんでした。


-----邦楽村からのお知らせ-----
第18回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年12月16日(土) 13:00〜17:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

和楽器好きの忘年会2017参加者募集中!
日時:2017年12月16日(土) 17:30〜22:00
場所:ふるさと おばこ(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

2018年新春 池袋和楽器もくもく会"箏と竹と琵琶と地歌三味線"参加者募集中!
日時:2018年1月8日(月・祝) 11:00〜17:00
場所:池袋本町第二区民集会室 会議室2階
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top