邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

ももクロ和楽器レボリューションZを見て思った3つのこと

ももクロ和楽器レボリューションZを見て思った3つのこと

ちょうど一週間前にNHKで放送されたももクロ和楽器レボリューションZ、皆さんはご覧になりましたでしょうか?

NHKで”ももクロ”が和楽器に初挑戦!指導者は誰?調べてみた!

和楽器がこんなに注目を浴びるなんてすごい!と思うと同時に、東京オリンピックが近づくにつれて、このような自国文化にフォーカスした番組が益々増えていくんだろうなと感じております!

とにかく、下手くそながらも和楽器を続けている身としては大変喜ばしいことでございます!

さて、本日はこのももクロ和楽器レボリューションZを見て僕が感じたことを書いていこうと思います〜

やっぱり和楽器は難しい!だがそれがイイ!

番組ではデーモン閣下が、放送後はヒダノ修一さん(ブログ記事)が仰っていますが、やっぱり和楽器というのは不安定で難しいんです!
和楽器にハマる人は、この全く同じ演奏は二度とできないという繊細さ、不安定さに面白さを感じるんだと思います!

2週間の練習を経て挑んだももクロの和楽器ソロリレーは、まさに「挑戦」と言うにふさわしいものでした!
つたないながらも一生懸命に音を出すその姿に終始ハラハラしましたし、全部が全部完璧に決まったとは言えない演奏でした!

しかしその等身大の演奏に心打たれたのもまた事実!
2週間の練習でよくあそこまで頑張りました!

特に篠笛と尺八は、触ればひとまず音が出る三味線・箏・太鼓に比べて、とても緊張したと思います!

さすがエンターテイメントの世界にて第一線で戦っているアイドル、堂々とした演奏でした!

今後もももクロの皆さんには和楽器を続けていただき、今以上に和楽器が上達した時に今回の放送を見ることがあったら、「あの時はこんなだったね」なんて笑い話にしてほしいなと思います!

和楽器をやってきて一番楽しかった時

今回の放送を見ていて、僕がはじめて和楽器に触れた大学1年生の頃のことを思い出しました!
当時は毎日部室に入り浸ってましたね!

自分が和楽器に一番向き合ったのは、もしかしたら和楽器をはじめたこの時期かもしれないですね!
特に義務感や焦燥感、舞台に上がる恐怖心などといったことを全く考えず練習にのめり込めたのは、ただツボを押さえてジャーンと音を鳴らすだけで楽しかった最初の頃だったと思います!

とはいえ今でももちろん楽しいですよ!
ちょっと三味線をケースから取り出すのが億劫な時もありますが・・・楽しいですよ!
かなーり気楽にやっております〜

今後和楽器が広まる可能性

今回の放送を見て、今後和楽器が今まで以上に広まっていく可能性を、強く感じました!
ニコニコ動画で和楽器バンドをはじめて見た時もかなり近い衝撃と期待感を感じましたが、「広まる」という意味では今回のももクロ和楽器レボリューションZのほうがずっと強かったです!
実際にTwitterなんかをちょろちょろと見ていると、この放送を見て和楽器はじめようという方が何名かいらっしゃいました!

この一回の放送で全てが変わるなんてことはないと思いますが、このような放送が今後増えていけば、確実に広まっていくはずです!

とにかく和楽器のことをあまり知らない人も見るようなエンターテイメント番組で、和楽器がメインで扱われたのが本当に嬉しいです!

こうした放送をきっかけに和楽器をはじめて、僕がかつて感じたあの「見つけた!」という気持ちを、より多くの方に感じてもらえたらなと思います!

最後にひとこと!


-----お知らせ-----
第14回和楽器もくもく会参加者募集中!
邦楽村で毎月開催しております、和楽器愛好家の交流イベントです!
日時:2017年8月26日(土) 17:30〜21:00
場所:東京都の千駄木交流館(千駄木駅or日暮里駅)
定員:12名
詳細・お申し込みは こちら から!
たくさんのご参加お待ちしております!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top