邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

和太鼓部に捧げる合宿ノウハウ 第3回 〜足探し 現地までたどり着く為に〜

和太鼓部に捧げる合宿ノウハウ 第3回 〜足探し 現地までたどり着く為に〜

和太鼓部に捧げる合宿コラム第3回は、現地まで行く移動手段探しの際の注意点です!!

地域の団体の場合は車を出せる人が多いです。
大学の団体の場合は、レンタカーを借りて運転できる人が乗せて行くのもありです。

これらができるなら、費用的にはかなり安くなるのでベストです!!

しかしながら、規模によっては、特に高校の部活の場合、バスを借りることがほとんどかと思います。
私が高校時代に入った、創部して間もない和太鼓部の合宿でもバスを使っていました。

バスを使う場合の注意点は二つ

  • 合宿の参加人数
  • バス下の荷台の大きさ

合宿の参加人数

当たり前のことですが、参加人数が多ければ、バスが一台で収まらない可能性があります。
しかし、バスを追加で一台頼むとビックリするくらいの費用がかかります!!
バスそのものの使用料や、運転手さんの経費や燃料代など、諸々ですから当然ですが…

台数によっては、合宿の費用がすごいかさんで、合宿規模縮小や近場に場所変更なんてこともありうるので注意ですね。
乗り切らない人数によってですが、可能なら別途車を出してカバーした方がかなりお安くすみます。
人数ばかりは削れないので、ウッカリということがないよう気をつけてください〜

バス下の荷台の大きさ

合宿の際に、バスの荷台に持って行くものを入れたりします。
実はここにも注意点がありました。

私の高校で昨年、合宿に行く際におこった話です。

私の高校では、合宿に必要な楽器類はキャラバン+バスの荷台に積んでいきます。
キャラバンに積むものは前日に積み、積みきれないものは当日の朝、バスが来たら積むという感じです。

毎年、大太鼓も持って行くのですが…なんとバスに積めない!?
!!?

昨年は入ったのだが何故…

!!!

そう、そのバスは荷台の高さが若干低いバスだったんです。
これは盲点でした。

大太鼓二台とも持って行けないのはキツイので、キャラバンとの詰め替えを急遽行い、大太鼓をキャラバンに、積めないものはバス下にという形になりました。

しかし、それでも二台ある大太鼓のうち一台は置いて行くこととなってしまったのです…
出発前からバタバタしてしまったし、大太鼓も一台持って行けない…

大太鼓の特訓メニューもあったので、これで大きくメニューを変更せざるを得ない

というようなことがありました。
毎年詰めているから、気にしていなかったのですが、盲点でした。

バスで行く方はこういった所をしっかりチェックして、バス会社と打ち合わせてくださいね。。
行きは荷台が大きいバスで、帰りは小さいなんてなったら太鼓を持って帰ってこられなくなりますからね…

移動手段は、準備する中でも、頼んだらお任せみたいな感じになりがちです。
このようなことがないよう、綿密に計画を立てて、最適な移動手段を見つけてくださいね〜


-----邦楽村からのお知らせ-----
第15回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年10月29日(日) 13:00〜17:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

第3回池袋和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年11月4日(土) 13:00〜17:00
場所:上池袋コミュニティーセンター7階和室(JR池袋駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top