邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

和太鼓部に捧げる合宿ノウハウ 第8回 〜合宿も間近…合宿までに何をするか〜

1週空いてしまいましたが、和太鼓部に捧げる合宿ノウハウも第8回、末広がりの8!!
なんとなく縁起が良いですね〜

本日は、合宿が近くなってきて、合宿までに何をしたら良いか?というお話です!!

合宿までにしたいこと

合宿までにやりたいことは

心身を合宿の練習強度に耐えられるだけコンディションに準備する

ことです!!

いくら良い合宿メニューを作っても、それに心身が追いつかない最大限の効果を発揮することは難しいです…
それは合宿の主催としても、合宿に行く側としてもとても勿体無いことです。

なので、心身を合宿で耐えうるものに準備しておきましょうということなのです。

身体のコンディションを整える

身体コンディションを整えるという点では、合宿で実施するメニューを実際に実施することが重要です。
これは、週一回、短縮系でもOKです。

普段やっている練習でも、合宿で行う順番などに合わせて実施することをオススメします!!
予め実施しておくことで、身体にサイクルがなじみます。
そして、合宿の時に身体が迷わず動くことで効果を高められます。

特に筋力トレーニングはこれが重要です。
正しいフォームで実施してはじめて本当の効果が出るので要注意です!!

心のコンディションを整える

次はを整えます。

心の持ちようは練習の効果に大きく影響してきます。
また、心の持ちようは周りにプラスにもマイナスにも影響します。

心の持ちようを高めて行くためにまずは、合宿にどういう意味があるのか・どういうことをしたいのか・どういう結果に繋げたいのかを、合宿の主催部長などがしっかりと説明し、部員に理解してもらう必要があります。

そうすることで、与えられたものではなく、関わるものなのだという意識が芽生えます。

理解する上で必要であれば話し合いをし、なるべく齟齬がないようにしていきます。

その作業を経ることで、合宿での辛い練習にも意義が見出せ、高いモチベーションで練習することができます

この心の持ちようが低い場合、それはその部員の責任だと責めてはNGです。
心の持ちようを高めて行くことも部長や部活として重要なことなのです。
説明や話し合いをして、行くことが大切です

合宿までの練習ではどちらかと言えばこの心の部分が重要です。

合宿という非日常的イベントでどうしても舞い上がってしまいがちです。
そうするとフワフワして、行動が怠慢になったりして、全体がグダグダになりがちです。

そうではなく、締めるところは締め、緩むところは緩むことで良い緊張感を持って練習することができます。

そのための心の準備ですね。
是非是非頑張ってみてください〜


-----邦楽村からのお知らせ-----
第17回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年11月25日(土) 17:30〜21:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

第18回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年12月16日(土) 13:00〜17:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

和楽器好きの忘年会2017参加者募集中!
日時:2017年12月16日(土) 17:30〜22:00
場所:ふるさと おばこ(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top