邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

和楽器の演奏会を開く時の宣伝方法について本気出して、引き続き考えてみた

和楽器というのはいざ耳にすると多くの人が惹きつけられますし、また、和楽器演奏者の熱量は非常に強いと常日頃から感じているのですが、それらをうまいこと伝える宣伝方法が無いのがネックです・・・

前回記事では結局、SNSを使った宣伝が一番可能性があるという感じで締めましたが、まだまだ他にも方法はあるはずです・・・!

僕たちは和楽器の演奏や情報発信をする傍らIT業界でパソコンをカタカタ動かし働いているのですが、IT業界というのは勉強会や交流会などのイベントが非常に盛んです。そうしたイベントを管理しているのが、DoorkeeperATNDといったイベント管理サイトです。

このようなイベント管理サイトの和楽器版があれば、宣伝場所として非常に有用です。そして、ただ作るだけでは、最初は誰も利用してくれないのも分かっています。なので邦楽村が積極的に、「企画をする方も参加する方もハードルの低いイベント」を主催していくことで、和楽器のイベントを企画することは簡単なことで、誰にでもできることだという空気感を作っていきたいです。

例えばIT業界では「もくもく会」という勉強会があります。これは、誰かが発表するのを聞くといういわゆる勉強会とは違い、参加者が集まり、あとは各自もくもくと自習をしているだけというものです。(実際はおしゃべりして終わりというパターンが多い・・・笑)僕自身も去年は1年間ゲーム開発のもくもく会を主催してきましたが、主催するほうも参加するほうも準備は一切不要です。ただ参加するだけで非常に強いモチベーションになりますし、そのイベントを通して多くの人と知り合え大変充実した時間でした。

このもくもく会を和楽器に当てはめると、各自楽器を持ち寄り、今練習している曲をもくもくと練習する感じですね。会の最後に皆の前で発表なんかがあると一気にハードルが高くなってしまうので、そういうのは無しがいいですね。各自自由なタイミングで交流してもらって、自由なタイミングで練習してもらいたいです。もちろんいつ来てもいつ帰っても大丈夫です。

このようなハードルの低いイベントをたくさん開催し、皆さんにも主催して頂き、和楽器イベント管理サイトが充実してくれば、そのコミュニティが活発になり、宣伝効果の高い場となるはずです。

ということでまず最初に僕たちがやるべきは、和楽器のイベントを開催するハードルを下げていくことです!

・・・またまとまりの無い文章になってしまいました笑

何度も何度も書きながら少しずつ整理して、そのうち具体的に動いていきたいと思います!


-----お知らせ-----
第15回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年9月30日(土) 13:00〜17:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top