邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

プラハ演奏旅行紀 中編 〜音楽の街プラハ 素敵な街並みに感じるもの〜

プラハ演奏旅行紀 中編 〜音楽の街プラハ 素敵な街並みに感じるもの〜

今回の演奏旅行はコンペティションだけでなく、市内観光をする時間も色々とありました〜
音楽の街と呼ばれるプラハをたくさん見て回る歩いて回ることができてとても面白かったです〜

今日は市内観光で見たプラハの素晴らしい所をご紹介いたします〜

前編はこちら

3月 22日 プラハに到着!!

空港から出るとあいにくの雨ではありました。

しかしながら、日本とは異なる空気をさっそく感じました〜

ホテルまではバスで移動したのですが、途中のプラハの街並みが素晴らしいものでした!!
石造りの街並み古き良き時代の跡を残し、別の時代へタイムスリップしたかのように錯覚させてくれます

3月23日 市内観光・教会での演奏

プラハに着いてひと段落、この日は教会での演奏が待っており、午前午後はプラハ市内を観光しました〜

基本的な移動は路面電車です。
プラハでは、車も多いですが、路面電車がとても盛んです。

路面電車に乗ればだいたいどこにでもいけます!!
路面電車、電車の一日乗車券があり、110kc(チェココルナ)=550円くらいと以外に安くてお得です。

ホテルから路面電車で移動すると、もう広がるヨーロッパの素敵な石畳と街並み!!
昨日はバスで眺めるだけだった光景の中にいて、夢の中にいるかのような錯覚に陥りました〜

石畳を歩くと着いたのは…ストラホフ修道院

テクテクと美しい街並みを歩いて行くと着いたのは…

ストラホフ修道院という場所でした〜

ストラホフ修道院は図書館にもなっているそうです!!

建物がオシャレでつい見とれてしまいます。

時間の関係上、中には入りませんでした(入ったらおそらく出られなくなる)が、その素敵さは外観からも伝わりました〜

図書館からの移動中、小道を入ると、プラハの街並みが見渡せる場所がありました〜

とても眺めがよく、良いですね〜ただ見ているだけで1,2時間は入られそうなくらい見晴らしが良かったです。

観光名所、プラハ城に到着!!

図書館をさらに進んで行くと見えてきたものがあります。

プラハ城です!!
現在は大統領府としても機能しており、プラハの観光名所です〜

デカイ!!遠くからでも圧倒的な存在感です。

おぉ〜〜〜っと!!!

ストリートパフォーマーを発見!!
プラハにきて初のパフォーマーさんは陽気な三人組でした!!

カッコいい!!

門をくぐると…

観光名所ということもあり、朝早くても人で賑わっていました。
大統領府なの、それなりに厳重な持ち物チェックを受け、門を潜ると…

スゴイ…

この壮大さを語る言葉を持ち合わせていないのですが、本当にすごいです。
日本のお城や寺院とは異なった細かな細工や装飾、彩は場所や時代を超えて職人の方々の魂を感じます。

静かに、しかし朽ちぬ存在感を放っていました。

中へ入ると、外観同様とても美しい作りになっていました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ステンドグラスなどは、鮮やかでこの世のものとは思えない色の美しさを表現していました。

こういった美しいものを見たり経験すると、自分の中の色が増え、より広い表現や創作につながりますね〜

外へ出て、先へ進む途中で見られるプラハ城の側面や後ろはは、正面以上に細かい作りとなっていて、見るものをワクワクさせてくれました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

スライドの中にある、お城と他の建物を繋ぐ通路は王様が外に出ずにお城を移動するために作ったものとの事!!
王様が歩いていた道を抜けると思うと、ワクワクします〜

さらばプラハ城、プラハ城の帰り道も面白いものが色々とありました。

プラハの美しい街並みの絵を販売する人や…

またもストリートパーフォーマーさん!!!ちょいワルっぽく渋い感じが素敵です〜

プラハ城、観光名所ということもあり、たくさんのワクワクが色んな所にありました。

プラハと言えばの…カレル橋を渡る

プラハと言えばカレル橋!!らしいです。
500m続く石の橋、これまた存在感がすごく美しい造形物です!!

せっかくなので、尺八片手にカレルをバックにして写真を一枚イイ〜〜〜

カレル橋を渡ると、ハンドメイドの露店などが多くあり、とても賑わっていました〜
露店の雰囲気も景色とマッチしたオシャレな感じで、とても良かったです〜

ここでもせっかくなので、尺八片手に写真を一枚これまたイイ〜〜〜

そんなこんなで、尺八片手にカレル橋をブラブラしていたら…とある出来事が…

 

バン!!

 

絡まれました!!

この写真、いい感だと思いませんか?

いい感じに見えますが実は、突然のことにテンパりすぎて、ブヒョブヒョ音を出しているだけという写真です。
奇跡的に良い感じの写真っぽくなった思い出の一枚です〜

この方々のCD買っちゃいました〜
もくもく会でもしかしたら流すかもしれません!!

更に賑わいを見せる旧市街へ!!

長かったカレル橋を抜けると、更に賑わっていました〜

この先は旧市街と呼ばれる地区で、お店がたくさんある場所なんです。
日本でいう所の、浅草みたいな感じですね〜

スライドショーには JavaScript が必要です。

浅草みたいな感じといいましたが、二股に分かれている道を見るとアメ横を思い出します…
そんな話をしていると、「一気にオシャレな感じじゃなく親しみ深い下町感になるから、それ以上言ってはダメ」と言われました…

美しい造形…息を飲む作り…天文時計

旧市街一番のスポットと言えば、天文時計です!!

天文時計、プラハに来る前から見て見たいと思っていました〜
写真では見ていましたが、実際に自分の目で見るとやっぱり違うんだなぁと思いました。

スケール感と細かな美しさにただただ佇むのみです。

そして舞台は夜…教会演奏へ!!

ガッツリ市内観光してホテルに戻って来ると、気づけば夜!!
ついにプラハ演奏旅行の本題が始まります〜

教会演奏では、和太鼓だけで私はお休みでしたが、教会での演奏は初めてでとても緊張しました。

会場の大きさ音の感じ、何よりもお客さんに疾風の和太鼓はどう映るのか、受け入れられるのかなど、ワクワクと共に緊張もありました。

さぁ、緊張の瞬間が始まります。

駒込高校和太鼓部「疾風」、プラハデビューです!!

…演奏が始まると、心配もどこ吹く風の大盛り上がり!!

歓声というよりも、発狂に近い雄叫びが上がります!!
もういっそ大きな音が出てれば、なんでも良いんじゃねーのか?と思ってしまうくらいでした笑

みんなの中にあった心配や緊張はいつしか消え、プラハという慣れない異国の地でもいつもと変わらぬパフォーマンスを見せてくれました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

言葉、食事、時間など環境が異なる中でいつもと同じパフォーマンスを発揮するってすごいことだと思います。
自分なんかは、緊張で音が上ずってしまったりしてしまうと思います。

高校生の順応力、やってやろうぜという心はとても素晴らしいものでした!!

しかしながら、盛り上がったと同時に、教会という場所の難しさも感じました。
とても美しく音が響く反面、音がバリバリでる和太鼓では、調節してもどうしても音がぼやけてします…
こういった所は今後もっと考えて行く余地がありそうです!!

良い勉強となりました〜

3月24日 市内観光

コンペティションの舞台、National House of Vinohradyへ

昨日の演奏も冷めやらぬまま、この日はコンペティションの舞台でもある、National House of Vinohradyの見学に行ってきました!!

このホールはのだめカンタービレのテレビスペシャルのロケ地としても使用されたりしている、有名なホールとのことです!!

そんな素敵なところで演奏できるのかと思うだけで、心が踊ります!!
心が踊りすぎて、ホール前の教会でよく分からない写真を撮ってしまいました…

スライドショーには JavaScript が必要です。

写真を撮ってくれた後輩からは、「そのポーズでいいんですか….?」と聞かれました…いいんです!!
この時はこういう心の形だったんです笑

かの有名な音楽家達の眠る場所…ヴィシェフラット民族墓地へ

ホールの見学をした後は、地下鉄を使い、ヴィシェフラット民族墓地へ向かいました。
何気に地下鉄に乗るのは初です!!

目的地へ向かう途中では、プラハの街並みが一望できる場所があったりと、ここでも本当に良い刺激を受けました〜

ここでも尺八片手に写真をパシャリ

格好つけて?撮るものの、気恥ずかしくなり結局わけのわからないポーズでもう一枚笑

ヴィシェフラット民族墓地は、我が祖国などを作ったスメタナや、新世界よりを作曲したドヴォルジャークなど、有名な音楽家達が眠る場所なんです。
有名な音楽家や作家の方々のお墓は、今もなおその素晴らしさを物語っていました。

そして、墓地横の聖ペテロ・聖パウロ教会はとても静かで、不思議と心が安らぐ場所でした。

市内を回って見て聴いて感じたプラハという街並み

プラハを歩いて感じたのは、観光地として盛り上がっているのに、どこか穏やかで安らげるということでした。
風景や音など、とても清々しいものばかりでした。

また、石畳の為か1日歩いても足が痛くならなかったのは驚きです。

少し残念だったのは、ストリートのミュージシャンにあまり会えなかったことです…
これには理由があり、プラハには大小多くのホールがあり、そこで演奏が行われている為、ストリートがあまりいないとか…なるほど

今回は行けなかったですが、演奏会巡りとかもとても楽しそうだなと思いました〜

ガッツリとプラハを回ることができた二日間、この二日間で感じた景色や音などをはじめとする様々な経験は忘れられないものとなりました。
これらが今後の音楽にどう活きてくるのかとても楽しみです〜

 

長かったプラハ演奏旅行紀も次回で完結です!!
後編では、コンペティションの日の様子をご紹介いたします〜

続きの記事はこちら

どうぞお楽しみに〜
前編はこちら


-----お知らせ-----
第15回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年9月30日(土) 13:00〜17:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!
Return Top