邦楽村blog!

和楽器情報をお届けします!

一度限りのお客様

一度限りのお客様

keisukeは「一期一会」という言葉が好きです

人と人が出会う事はあっての事

もしかしたら今日会って、今後会わないかもしれない人も沢山いるかもしれない

だからこそ出会いを大切にする

出会いから続いていくように努める

そう思えるからこの言葉が好きです

 

今日はそんな出会いの中で、演奏会で会った一人のお客様のお話…

 

私は高校の和太鼓部で和太鼓の指導をしており、毎年夏に、山中の宿舎を借りて合宿を行います

合宿最終日には、合宿の成果発表と、宿舎の方への感謝の意を込めて演奏会を開催するのですが、

宿舎にはレストランや入浴施設があり、一般の方もいらっしゃるので

お客さん出入り自由という感じでの演奏会をしています

 

その出会いはその演奏会での事でした…

 

演奏会が始まってすぐに、駐車場に一台の車が停まり、初老の男性と中年の男性が降りてきました

親子かなぁ?天気もいいし食事に来たのかな?なんて思っていると、演奏会会場に来たのでご案内しました

「見て行ってくれるなんて優しい方だなぁ〜」

「お客さんが多いのはありがたいことだ」

なんて思ってました。

 

ここまでだったら正直、話としては良いお客さんがきました、こういう方に感謝してこれからも頑張ろう的な話なのですが、このお客様が印象に残っているのは別のところにあります

 

演奏会が終わると、生徒・顧問・指導者でお客様のお見送りをします

初老の男性のお客様が、ふと立ち止まって挨拶してくれたのです

「ありがとうございます、楽しかったです。私も昔太鼓をやっていたんですよ」と、

私達は嬉しくなって

「来年も良かったら見に来てくださいね」とお声がけをしました

そうするとお客様は

「それはかないません。病気なのでもう長くないんですよ」

と申し訳なさそうに、でも私たちを気遣いながら一言おっしゃいました

 

その瞬間胸にある思いがよぎりました。

「この方が太鼓をみる機会はあとどれくらいあるのだろうか?」

「もしかしたら、今日見た我々の太鼓が最後になるのではないか?」

さらに、

「我々の演奏はこの方に届いただろうか?」

「思い出に残るような演奏だっただろうか?」

などいろいろな思考が頭をよぎりました

 

お客様は出口で我々に一礼し、最後まで丁寧に接して去って行きました

名前も知らない、きっともう会うこともない一人のお客様

でもとても印象に残るお客様でした

 

このお客様のようなことは稀なのかもしれない、けどたまたま演奏会に来てくれてそのあとはもう会わないことっておそらく多いはずです

この出会い以降、演奏会でお客様の為に演奏する、という意味を深く考えるようになりました。

演奏会や演奏の目的、どうしたら満足してもらえるのか?来て良かったと思ってもらえるのか?

以前から考えていたようで考えていなかったんだということに改めて気付かされました

 

一期一会の出会いの中で最高のものを届けるよう努めることが、演奏する側の責務なのだ、というところを一度限りの出会いの中で教わりました。

 

これからの新歓の時期、まさに一度限りのお客様がほとんどだと思います

そんな中で、最高のものを届けられるよう努め、意識し、演奏すればお客様は部員となり、永く続く「縁」へと変わっていくのではないでしょうか?


-----お知らせ-----
第15回和楽器もくもく会参加者募集中!
日時:2017年9月30日(土) 13:00〜17:00
場所:千駄木交流館(東京メトロ千代田線千駄木駅徒歩5分)
詳細確認・お申し込みは こちら から!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top